TOP > ニュース 一覧

【BOM】伊藤紗弥が計量パス「今までとは違う私を期待してください」

フォロー
2023/11/26(日)UP

計量をクリアーした伊藤紗弥

 11月26日(日)神奈川・横浜大さん橋ホールで開催される『Amazing Muaythai,Road to Rajadamnern×Shimizu presents BOM 45』の前日計量が25日(土)神奈川・横浜にあるエイワスポーツジムにて行われた。

【フォト】女子6試合・男子12試合の計量写真&結果

 第2部のメインイベント、女子アトム級(46.26kg)で対戦する伊藤紗弥(尚武会)は45.8kg、ミンタ・ノー アヌワッジム(タイ)は44.9kgで計量をクリアー、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

 伊藤はジュニアキックで数々のタイトルを獲得するなど、幼少期から注目を集める。WPMF、WMC、WBCムエタイと女子世界王座の3冠を達成し、22年5月にはIPCC世界女子アトム級王者となって世界4冠王に輝いた。今年5月にはWBCムエタイ世界ライトフライ王座の“ダイアモンドベルト”を懸け、キム・タウンセンドと対戦したが敗れている。

伊藤(左)とミンタが並ぶ

 試合に向けて伊藤は「いつも通りバッチリ仕上げてきました」といい、タイ東北地方48kg王者の肩書きを持つ対戦相手ミンタに関しては「あまり情報がなかったのですが、フィームータイプで結構距離を取ってくる選手だと聞きました」と警戒する。

 前戦となった9月のRWSでモンクッペット・カオラックムエタイジムに判定負けした結果を受け、伊藤は「戦い方を変えなきゃいけないと感じ、今井会長と話し合ってパンチを凄く頑張ったのでパンチでも攻めて倒せたらと思います」とパンチの強化をしてきたと明かす。

「前回のRWSは2分3R制のオープンスコアでどちらかに優劣が付きます。長身の選手と蹴り合いになると蹴り勝てなかったり、1Rにポイントを取られて2、3Rで逃げられたら巻き返せないなと。トップの選手に今までの戦い方では勝てないと感じ、倒すパンチの強化の必要性を感じました。パンチがあると色んな展開も作れます」

伊藤の相手ミンタもマッスルポーズ

 ファイトスタイルも一新したといい、「美しいムエタイを魅せるのはもちろんですが、ポイントを取ることは考えず、攻めるアグレッシブな私を見せたい。1Rから倒す気持ちを前面に出していくので、今までとは違う私を期待してください」と進化した“伊藤紗弥”を見せたいとする。

 今回の一戦は12月22日にタイ・ラジャダムナンスタジアム興行への出場を懸けたRoad to Rajadamnern認定試合として行われ、今後、ラジャダムナンスタジアムの女子王座が制定されることも決定しており(女子王座の階級は未定)、伊藤は「私の階級はまだ王座は制定されないようですが、制定される時のためにも勝っていかないとランキングにも入れないので必ず勝ちます」と必勝宣言した。

▶︎次ページは【フォト】女子6試合・男子12試合の計量写真&結果

  • 1
  • 2
フォロー

●編集部オススメ

・【BOM】伊藤紗弥がタイ2冠王に勝利、柿沼慶は剛腕フックでタイ人を秒殺KO!

・【テレビ・配信】11.26『BOM』生中継・放送・配信情報

・チャド・コリンズ、KOでWBCムエタイ王座防衛に成功!12月のRISE世界タイトル戦へ弾み

・【FIGHT CLUB】朝倉未来が衝撃の77秒KO負け!勝ったYA-MAN、年末にMMAで再戦の提案も

・【BOM】朝陽が強豪タイ人にKO予告!「左ボディかフックで」来年はラジャ王座目指す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧