TOP > 試合結果 一覧

ライトヘビー級王者ロペス、パウンド連打からの肩固め一本、初防衛に成功!=米LFA

フォロー 友だち追加
2024/01/29(月)UP

ライトヘビー級王者ロペス、パウンド連打からの肩固め一本!@lfa_brasilより

 1月27日(日本時間28日)にブラジル・サンパウロで開催された総合格闘技イベントLFA 175』メインイベントのライトヘビー級タイトルマッチにて、王者ブルーノ・ロペス(30=ブラジル)が挑戦者のマルコス・ブリガガォン(27=ブラジル)に2R肩固めで一本勝ち、初防衛に成功した。ラウンド残り2秒の劇的フィニッシュに会場は大歓声が上がった。

【動画】ラウンド残り2秒の劇的フィニッシュ、馬乗りヒジ攻撃からの肩固め一本!

 ロペスは22年9月の同王座決定戦でウィリヤネドソン・パイヴァにKO勝利し新王者に。昨年9月にUFC登竜門イベントの「Contender Series」に挑戦するも、まさかの初回KO負け。王座を守る形で再起戦を迎えた。

 対するブリガガォンはキックベースのストライカーで、ブラジル格闘技団体「SFT」のライトヘビー級王座や、19年の「Contender Series」に挑戦したことがある実力者。キャリア17勝で15フィニッシュ(12KO・3一本)と高い決定力を誇る。

 試合は1R一進一退の攻防。ブリガガォンがスタンド打撃で先制するも、ロペスが冷静にテイクダウンからパウンド連打する。

 2R後半、テイクダウンからトップコントロールのロペス。ガードの上からパンチ、ヒジを落とすとマウント状態に。そこからもパウンド&ヒジの嵐、そして最後は肩固め!

 残り2秒、耐え切れなかったブリガガォンがタップ。ロペスが一本勝ちを収め、初防衛に成功した。劇的なフィニッシュに会場は大歓声となった。

LFA 175』
1月27日(日本時間28日)ブラジル・サンパウロ
▼ライトヘビー級タイトルマッチ
○ブルーノ・ロペス(ブラジル)
一本 2R4分58秒 ※肩固め
●マルコス・ブリガガォン(ブラジル)
ロペスが初防衛に成功

▶︎次ページは【動画】ラウンド残り2秒の劇的フィニッシュ、馬乗りヒジ攻撃からの肩固め一本!

  • 1
  • 2
フォロー 友だち追加

●編集部オススメ

・“闘犬女子”、怒涛のパンチ連打で相手を秒殺失神!「どう猛すぎる」とファン戦慄

・「これは事故現場だ」とファン悲鳴!“ゾンビ女子”が顔面流血と奮闘も、最後は無慈悲なチョーク葬

・【ボクシング】英国の人気“セクシー女優”、衝撃KOで新王者に!相手は前のめりダウン

・なんと審判も気づかない!?電光石火のチョークで恐怖の失神劇=ロシアMMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧