TOP > 試合結果個別

【K-1】大雅、卜部弘嵩を返り討ち&王座奪取

2017/02/26(日)UP

K-1実行委員会
「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~」
2017年2月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館

卜部兄(右)から2度のダウンを奪った大雅(左)が新王者に輝いた

▼第11試合 K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
○大雅(TRY HARD GYM/K-1 WORLD GP -60kg日本代表決定トーナメント優勝/挑戦者)
判定3-0 ※29-27、29-26、30-26
●卜部弘嵩(KREST/K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)
※大雅が第3代王者に、卜部は初防衛に失敗
 
 両者は昨年9月のK-1 WORLD GP 2016 スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント準決勝で対戦し、大雅が判定勝ち。試合前に行われた会見などでは舌戦を繰り広げ、リング上の対峙では額を付けて睨み合う。

1R、サウスポーの大雅は左ミドル、左ロー。卜部が右ボディストレートを効かせて大雅は後退するも、大雅は打ち合いに応じ左のハイ、ストレートを返し、右フックで卜部をぐらつかせる。

 卜部も右フックを当て一進一退の攻防に。

 2R、卜部が右ミドル、ボディで下がらせる。大雅は卜部の速い連打にも応戦し右ハイを返す。お互いに手数の止まらない攻防に場内は盛り上がる。

 3R、右ストレート、右ミドルを当てる卜部だが、手数で上回る大雅の前に卜部が下がる展開に。卜部のパンチにカウンターを合わせ始めた大雅はパンチ連打の前に、卜部はダウンを喫してしまう。

 立ち上がるも大雅のパンチラッシュに飲み込まれ2度のダウンを奪われる。後がない卜部は巻き返すことが出来ず。卜部が判定負けで王座防衛に失敗、大雅が新王者に輝いた。

●全試合結果はこちら

●編集部オススメ記事 
・にらむ挑戦者・大雅、王者・卜部は無視 
大雅が王者・卜部に毒舌「ベルト持っていても可哀想」
卜部弘嵩、大雅を挑戦者に指名したのは「男としての筋」 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る


TOP > 試合結果個別