TOP > ニュース

前田日明氏、ニールセン死去に「言葉が出ないよ…」

2017/08/18(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

1986年、前田日明と異種格闘技戦で対戦したニールセン

 かつて前田日明と新日本プロレスで異種格闘技戦を戦った、日系三世の元キックボクサー、ドン・中矢・ニールセン(米国)が8月15日、タイ・バンコクにて心臓発作で亡くなった。58歳だった。

 1993年に選手を引退後は、タイのバンコクでカイロプラクティック院を開いて活動。多くの人を癒してきた。

 ニールセンは1986年10月9日に両国国技館で前田と対戦し、激闘の末、5R逆片エビ固めで一本負けしたが、この一戦で前田は“新・格闘王”と呼ばれることになり、その後、立ち上げた新生UWFが一大ブームを巻き起こした。その後の格闘技ブームの火付け役となったのである。

 前田日明氏はイーファイトの取材に応え、「先ほどネットニュースで知ったばかりでビックリした。ただただ驚くばかりで言葉が出ないよ……」と、かつてのライバルの訃報に言葉を失った。

前田vsニールセンはその後の格闘技ブームの火付け役となった

「ニールセンは思い出深い選手の一人だね。あの試合も今から思えば2人ともよくやったと思う。ニールセンは身長が190㎝くらいあったから、手を伸ばせばリング中央で寝かせても簡単にロープに手が届いた。寝かせてもすぐにロープエスケープという訳の分からないルールでやって。ニールセンも俺に両腕を抱えられて投げられたり、いろいろされたからね」

 試合で最も印象深いのは、1Rにもらった左ストレートだという。「当時はアメリカのマーシャルアーツ(当時、アメリカンキックボクシングのことを日本ではこう呼ばれていた)ってどんな競技かもよく知らなかったし、ニールセンは現役のチャンピオンだったからね(WKA全米クルーザー級王者)。あの左ストレートは効いた」

現在はリングスの代表を務めている前田氏

 インタビュー中、何度も「驚きしかない。言葉が出ないよ、本当に」と言った前田氏。「いつかタイへ行くことがあったら会いに行こうかなって考えていた。ゆっくり話をしてみたいなって思っていたからね」と存命中に再会できなかったことを悔やんだ。

 ニールセンもまた、昨年に親戚を訪ねて来日した際に「いつか前田にも会いたいね」と話していたという。

●編集部オススメ記事
ドン・中矢・ニールセンが死去、弟が死因を語る
猪木とも闘った柔道五輪2階級「金」ルスカ氏死去

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

新着情報




TOP > ニュース