TOP > ニュース

【ラウェイ】SEI☆ZA最強女子と戦うアイドルが超過激格闘技で激突

2017/10/17(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ミャンマーでは戦うアイドルとして人気があるというブロニカ(左)と、SEI☆ZA最強女子ユリア(右)が激突

 11月15日(水)東京・後楽園ホールで開催される“地上で最も過激な格闘技”『ラウェイ グランプリ ジャパン 2017』の主要対戦カードが発表された。

 女子格闘技プロジェクトGIRL’S BUDO ENTERTAINMENT『SEI☆ZA』で、最強戦士として活躍したユリア・ストリアレンコ(24=リトアニア)が2度目の参戦。2度目の来日となるブロニカ(ミャンマー)との対戦が決まった。

 ユリアは空手をバックボーンに持つが、5年前から柔術も学んでおり、2016年10月に開催された『アブダビグランドスラム柔術ツアー東京大会』にて女子紫帯90kg級で優勝を果たしている。SEI☆ZAではエース格として3戦全勝、2勝が得意の腕十字による一本勝ち。今年6月のラウェイTDCホール大会に自ら志願して初参戦を果たし、ス・ライ・ウー(ミャンマー)をパンチとヒザ蹴りで圧倒して2RにKO勝ちを収めている。

 10月24日(火)東京・後楽園ホールで開催される『SEI☆ZA 第4戦 ~乙女たちの秋の大武道会!~』では、SEI☆ZA卒業ラストマッチを行うことが決まっており、今後はSEI☆ZAを離れてMMA(総合格闘技)などに挑戦していく予定。今回がその第一弾となる。

 対するブロニカはミャンマーボクシングナショナルチームに所属していた、国家指定強化選手というボクシングエリートだったが、日本でラウェイに出場することを決意したため5月初旬にボクシング連盟からラウェイ連盟へ移籍。同じく6月のTDCホール大会に参戦し、女子プロレスラーの高橋奈七永と対戦した。

 体格で上回る高橋を相手に、ブロニカはフットワークとボクシングテクニックを生かし、1Rにダウンを奪うなど終始圧倒。3Rには連打で防戦一方にするなどした。また、ミャンマーでは“戦うアイドル”として有名だという。

●編集部オススメ記事
・ユリアとブロニカが参戦した6月のTDCホール大会
・地上最も過激な格闘技に戦うアイドル参戦

<決定対戦カード>

▼ミャンマーラウェイ公式ルール 女子62kg契約 3分4R
ブロニカ(ミャンマー)
vs
ユリア・ストリアレンコ(リトアニア)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース