TOP > ニュース

【KNOCK OUT】ついにピンサヤーム参戦、迎え撃つは重森

2017/11/02(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

18連勝、4年間無敗の日本人キラーであるピンサヤーム(右)に新日本キックの王者・重森(左)が立ち向かう

 12月10日(日)東京・両国国技館にて開催される『KNOCK OUT 2017 in 両国』の追加対戦カードが発表された。

 元ルンピニースタジアム認定バンタム級&スーパーバンタム級王者マキ・ピンサヤーム(タイ)が初参戦。ピンサヤームは2004年ルンピニースタジアムMVPの肩書を引っ提げて2009年6月に初来日。

ヒジ打ちを始めとし、ハイキックやパンチなど何でも倒せる武器を持つピンサヤーム(右)

 2011年からは日本を主戦場にし、初期は秋元皓貴一戸総太に敗れたが2013年2月からは不可思、小宮山工介、森井洋介など国内トップ選手を相手になんと18連勝(1引き分けを挟む)、4年間負けなしと圧倒的な強さを発揮している。

 パンチ、キック、ヒジ打ちと何でも倒せる武器を持つこの日本人キラーに挑むは、日本フェザー級王者・重森陽太(伊原道場稲城支部)。重森は長い手足から繰り出す強烈なハイキックと鋭いパンチを武器に、22歳にして新日本キックボクシングで2階級制覇を達成。KNOCK OUTには8月大会に初参戦し、NKBフェザー級王者・村田裕俊(八王子FSG)との王者対決を4R5秒、ヒジによるTKO勝ちで制している。

蹴り技を得意とする重森(左)。8月大会ではTKO勝ちを収めている

 その後、10月22日に出場した新日本キックボクシング協会の試合でも判定勝利を飾り、現在6連勝中と勢いに乗ってピンサヤーム狩りに出陣する。

 ピンサヤームがまたも勲章を増やすのか、それとも重森がストップするのか。注目の一戦となる。

<決定対戦カード>

▼60.0kg契約 3分5R
重森陽太(伊原道場稲城支部/第9代日本フェザー級王者、第10代日本バンタム級王者)
vs
マキ・ピンサヤーム(タイ/第20代MA日本スーパーバンタム級王者、元ルンピニースタジアム認定バンタム級&スーパーバンタム級王者、2004年ルンピニースタジアムMVP、元オムノーイスタジアム認定バンタム級王者)

●編集部オススメ
・初参戦・重森が粘る村田をヒジで流血葬
・ピンサヤームが中国人ファイターにTKO圧勝


【大会・チケット情報】 12・10 キックスロード「KNOCK OUT 2017 in 両国」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース