TOP > ニュース

【K-1】勝利でスタート切った村越、狙うはK-1とKrush王座

2017/12/28(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1参戦一発目を勝利で飾った村越。K-1とKrushの王座を目指していくという

 12月27日(水)東京・後楽園ホールで開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~SURVIVAL WARS 2017~』の一夜明け記者会見が28日(木)都内で行われた。会見には第4試合で芦澤竜誠を降し、K-1デビュー戦を勝利で飾った村越優汰(湘南格闘クラブ)が登壇。試合を振り返るとともに、今後の戦いについて語った。

 試合は様子見の1Rを経て、村越が2Rに得意の左ミドル・左三日月蹴り・ボディストレート・ヒザとボディを中心に攻め立て、3R反撃に転じた芦澤の攻勢をかわして判定勝利。

徹底的にボディを攻める村越

 村越の的確な見切りや技の選択が光った一戦だったが、本人は「初戦だったのでインパクトを残して勝ちたかったですが、倒せなかったのが課題かなというところです。2R目効いていて倒せるなと思ったのですが、芦澤選手は気持ちが強く、気持ちの強さを見せられました。今後のことを考えてもしっかりKOで倒さないと盛り上がらないと思うので、次はしっかりKOで倒せるように練習します」と反省の弁。

 普段はあまり緊張しない性質だという村越だが、「新しい舞台ということでいつもと違う緊張感がありました」「自分的に相手のことをなめた部分が少しあって、インパクトを残そう、倒そうと思って無駄に力が入っちゃってという感じです」と、やはり初となるK-1の舞台は調子が異なる部分があるようだった。

 しかしまずは好スタートを切ることに成功し、「最終的にK-1へ来たのはベルトを獲るために来たので、しっかり1個1個勝って進んでいきたい」と改めて目標を口にし、「同じ階級に武尊選手がいたのでベルトも欲しいし武尊選手とやりたい感じだったんですけど(※武尊はスーパー・フェザー級王者・大雅への挑戦が決まったため王座返上となる)、とりあえずフェザーでやっているのでフェザーのベルトを取りたいです。それで最終的に(武尊と)やれるならやりたいし、いつでも全然勝てる自信もある」と強気な姿勢と自信を見せた。

 また「最終的な目標はK-1のベルト」と強調したものの、Krush王座についても尋ねられると「獲れるなら全然狙っていきたい」と語っており、村越が来年のK-1フェザー級およびKrush-58㎏をかき回す存在となることを予感させた。

●編集部オススメ

・【K-1】全試合結果=2017年12月27日

・初参戦の村越、目標は打倒・武尊

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース