TOP > ニュース

【RIZIN】遂に参戦、最強女王・浜崎朱加「気持ち的にはチャレンジャー」

2018/05/04(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

最強女王・浜崎が日本に凱旋(写真は公開練習時のもの)

 5月6日(日)マリンメッセ福岡で開催される『RIZIN.10』に出場する選手たちの個別インタビューが、4日(金)福岡県内にて行われた。
 
 第5試合でジョシュ・バーネットの愛弟子アリーシャ・ガルシア(24=アメリカ)と対戦する、元INVICTA FCアトム級世界王者・浜崎朱加(36=AACC)がインタビューに答えた。

浜崎(左)を相手に番狂わせを狙うガルシア(右)

 UFCに無いアトム級という階級で、INVICTA FCのベルトを巻いた浜崎は事実上、この階級で世界最強と呼ばれていた。その浜崎がRIZINに待望の初参戦を果たす。
 
 日本での試合は3年半ぶりの浜崎だが「コンディションはかなり良いです。やっぱり海外での試合だと時差もあるので、その点では(日本の方が)調整しやすいです。あとは食事の面でも調整しやすいです」と話し、準備万端のようだ。

2016年12月、RIZIN初参戦では浅倉カンナ(右)を破っているガルシア(左)

 INVICTA FCからRIZINに参戦した経緯については「前々から(RIZINから)オファーはいただいていましたが、INVICTA FCの方とタイミングが合わなくて出られない状況でした。だけど、INVICTA FCのベルトを返上して、今回タイミングが合い、やっと参戦させていただく事になりました」と語り、RIZINの印象は「日本で、ここ数年で一気に盛り上がっていると感じます。選手層も若い子たちがどんどん強くなってきている。私は今、チャンピオンじゃないですし気持ち的にはチャレンジャーの気持ちで一戦一戦やります。戦った事が無い選手もいっぱいいるので、そこは凄く楽しみです」と話し、ワクワクしているという。

公開練習でアームロックを極める浜崎(上)

 今回の対戦相手は、RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者・浅倉カンナに勝っているガルシアだが「対策はあまりしていません。相手のやりたいことをやらせないで、自分のやりたい事だけをやれば一本取れると思います」と、自分のやるべき事に集中している。

 最後に、アメリカから日本のRIZINに移り、自分のどのようなところをファンに見て欲しいか聞かれると「信念は変わっていなくて、最後まで一本やKOを狙っていくスタイルを見て欲しいです」と、完全決着を常に追い求めていくと宣言した。
 

【大会・チケット情報】 5・6 RIZIN FF事務局「RIZIN.10」
 

●編集部オススメ

・女子部門に新風を吹き込む最強女王・浜崎朱加「全ての試合で一本を狙う」

・浜崎朱加と戦うガルシア「私は生贄」でも「超おいしい試合」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース