TOP > ニュース

【K-1】武尊がトーナメント予想でまさかの発言「優勝候補は小澤君かな」

2018/06/03(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

武尊が因縁のライバル・小澤を優勝候補に挙げると会場全体が驚いた

 6月2日(土)東京ソラマチ・J:COM Wonder Studioにて『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~6.17さいたま大会・大決起集会!』が開催された。

 イベントには6月17日(日)に開催の同大会に出場するファイター達が集結。集まった大勢のファン達の前で試合への意気込みを語った。

タレントの関根勤(右から2番目)もイベントに参加。終始、笑いが絶えないトークが展開された

 そして、スペシャルゲストとしてK-1三階級制覇王者・武尊(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)も登場。武尊の姿が見えると集まったファンからは「かっこいい」と黄色い声援が飛び、この日一番の大歓声が起こる。
 
 武尊の近況などを中心にトークが盛り上がる中、話題は今大会で行われる「第2代フェザー級王座決定トーナメント」へ。

武尊の変顔を真似する城戸康裕(右)

 このトーナメントは同級初代王者の武尊がベルトを返上したため行われる。そのトーナメントの優勝予想を聞かれた武尊は「やっぱり(同門である)後輩の(西京)春馬と言いたいところですが、それだと当たり前でつまらないですよね。僕の中では一回戦(西京春馬vs朝久裕貴)が事実上の決勝戦だと思っています。朝久選手は今年、中国のトーナメントを優勝しているので、その感覚がまだ残っていると思う。その点で結構有利ですが、春馬はそれを抑えるテクニックがある。だけど、その分削り合いになっちゃうかもしれないです。

乱闘を繰り広げるなど、犬猿の仲だった武尊(左)と小澤(右)

 でもトーナメントって、一番強いヤツが優勝する事もあるんですけど、結局その日一番(運を)持っているヤツが勝つと思っているんです。だから、そういう意味で言ったら小澤君かな」と、かつて乱闘騒ぎを起こした因縁のライバル・小澤海斗の名前を上げ、このまさかの発言に会場全体が驚く。

「2度試合したっていうのもあるんですけど、なんかこういうトーナメントの時って(小澤は)勝ち上がっちゃいそうな気がするんですよね。僕と(トーナメントで)試合した時も『あいつはどうせ上がってこられない』と思っていたんですけど、やっぱりK-1の舞台には魔物がいるんですかね。あの時も、その日の勢いで勝ち上がって来たので。(小澤は)K-1のトーナメントには強いんじゃないかな、と思いますね」と、小澤を優勝候補に挙げた理由を話した。

武尊(右)と小澤(左)は過去2度対戦し武尊の2勝

 最後に集まったファン達へ向けて「次は9月くらいに試合をしようと思っています。それまで自分のレベルを上げるために全力で練習するので、試合の時は応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。
 

【大会・チケット情報】 6・17 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」
 

●編集部オススメ

・武尊が小宮山工介をKOして三階級制覇「僕と戦いたければK-1に上がって来い」(動画あり)

・武尊が因縁の小澤を圧倒し二階級制覇

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース