TOP > 選手名鑑 一覧 >加藤竜二 (JAPAN KICKBOXING INNOVATION)

加藤竜二 (かとう・りゅうじ Kato Ryuji) 
生年月日 1989年4月5日
出身 埼玉県本庄市
身長・体重 165cm・-kg
所属 橋本道場
出場団体 JAPAN KICKBOXING INNOVATION
 
デビュー戦 2007年9月16日
【3R判定】西畑竜治
主なタイトル獲得歴 ・WBCムエタイ・インターナショナル・フライ級暫定王者
・初代REBELS 52.5kg級王者
・第2代WBCムエタイ日本フライ級王者(防衛回数:2)
・第15代MA日本フライ級王者(防衛回数:1)
・初代INNOVATIONフライ級王者(防衛回数:1)←第17代MA日本フライ級王者
・初代WPMF日本フライ級王者(防衛回数:1)
バックボーン 空手
戦績 34戦28勝(15KO)4敗2分
詳細
空手仕込みの多彩な蹴り技で、現在まで5本ものベルトを獲得している軽量級実力者。得意技は一撃必倒の後ろ回し蹴り。
ブログ:加藤竜二 蹴撃王子
旧ブログ:キックボクサー加藤竜二
~全プロ戦績~
勝敗 対戦相手 大会名 会場 日時
【1R1分10秒 KO】
※REBELS 52.5kg級王座決定戦で初代王者に 
関正隆(昌平校柏) RISE cooperation REBELS.28 東京・後楽園ホール 2014年7月25日
【3R1分56秒 KO】
※INNOVATIONフライ級タイトルマッチで初防衛に成功 
ローズ達也(WILD SEASARコザ) TENKAICHI Fight 群馬・グリーンドーム前橋 2014年5月11日
△[3R判定0-1] ユン・ドクジェ(韓国) REBELS.25 a.k.a. INNOVATION’s day 東京・ディファ有明 2014年3月16日
【2R0分17秒 KO】 
※WBCムエタイ・インターナショナル・フライ級暫定王座決定戦
TOMONORI(OGUNI GYM) JAPAN KICKBOXING INNOVATION Innovation champion carnival 東京・新宿FACE 2013年12月23日
【3R判定3-0】 國本真義(MEIBUKAI KICKBOXING GYM) REBELS.21 東京・ディファ有明 2013年10月20日
【1R1分28秒 TKO】
※WBCムエタイ日本フライ級タイトルマッチで2度目の防衛
山野寛之(チームドラゴン) NJKF 2013 6th 東京・後楽園ホール 2013年9月22日
【1R1分15秒 KO】 小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺) TNK1 feat.REBELS 群馬・ニューサンピア高崎 2013年6月9日
【3R判定3-0】 貴センチャイジム(センチャイムエタイ) NJKF 2013 3rd 東京・後楽園ホール  2013年4月29日
【5R判定2-1】
※MA日本フライ級タイトルマッチで第17代王者に
勇児(HOSOKAWA) MA日本キック BREAK-33~新春士道館興行~FIGHT FOR PEACE 4 東京・後楽園ホール  2013年1月27日
【1R2分55秒 KO】 チャイペット・ラーチャパットスラータニー(タイ) MA日本キック BREAK-32 ~SEIZE~ 東京・ディファ有明 2012年12月9日
【5R判定2-0】 
※WBCムエタイ日本フライ級タイトルマッチで初防衛
松崎公則(STRUGGLE) MA日本キック BREAK-30 ~UNIFICATION~ WBCムエタイ日本4大タイトルマッチ 東京・後楽園ホール  2012年10月7日
【4R1分43秒 KO】
※WPMF日本フライ級タイトルマッチで初防衛
ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷) MA日本キック KICK GUTS 2012 第15回梶原一騎杯~真樹日佐夫追悼記念興行~ 東京・後楽園ホール 2012年7月15日
【5R判定0-3】
※WBCムエタイ・インターナショナル・フライ級チャレンジマッチ
ンガオプラジャン・チューワッタナ(タイ)  MA日本キック BREAK-24 ~SAGITTARIUS~ 山本佑機引退記念興行 東京・ディファ有明 2012年3月18日
【5R判定0-2】 
※MA日本フライ級タイトルマッチで2度目の防衛に失敗
勇児(HOSOKAWA) MA日本キック FIGHT FOR PEACE III 5大タイトルマッチ BREAK-22 ~士道館新春正月興行~ 東京・後楽園ホール  2012年1月22日
【5R判定3-0】
※WBCムエタイ日本フライ級タイトルマッチで第2代王者に
大槻直輝(OGUNI)   WBCムエタイ・ジャパン第2回大会 The Path to the World Champion 東京・後楽園ホール  2011年10月2日
【2R2分35秒 KO】
※初代WPMF日本フライ級王座決定戦 
優希(Desperado)  MA日本キック BREAK-15~Gaia~ 東京・新宿FACE  2011年7月2日
【2R1分46秒 KO】
※初代WPMF日本フライ級王座決定トーナメント準決勝  
薩摩サザ波(TARGET) MA日本キック BREAK-13~梶原一騎25回忌追悼記念・第14回梶原一騎杯 KICK GUTS 2011~ 東京・後楽園ホール  2011年5月8日
【2R1分36秒 KO】 金準性(韓国) MA日本キック BREAK-8~士道館新春興行~ 東京・後楽園ホール 2011年1月15日
△【5R判定1-1】
※MA日本フライ級タイトルマッチで初防衛
飛燕野島(契明) MA日本キック BREAK-7~トリプルタイトルマッチ~ 東京・後楽園ホール 2010年11月27日
【5R判定0-2】 
※WBCムエタイルール日本統一フライ級タイトルマッチ
大槻直輝(OGUNI) The Path to the World Champion WBCムエタイ世界王者への道 東京・後楽園ホール  2010年9月26日
【2R2分30秒 KO】
※WBCムエタイルール フライ級挑戦者決定戦 
エリー隆司(武勇会) MA日本キック BREAK-2 ~WMAF世界フェザー級タイトルマッチ&ウェルター級王座決定戦~ 東京・ディファ有明  2010年5月30日
【5R判定3-0】  魂叶獅(はまっこムエタイ) MA日本キック 谷山ジム25周年記念興行 ビッグ・バン~統一への道 東京・後楽園ホール 2010年3月28日
【5R判定2-1】 
※MA日本フライ級タイトルマッチで第15代王者に 
飛燕野島(契明) MA日本キック 士道館新春正月興行 BREAK-1 東京・後楽園ホール  2010年1月31日
【2R1分58秒 KO】  薩摩サザ波(TARGET) MA日本キック BREAK THROUGH-14~突破口~ 東京・後楽園ホール 2009年12月4日
【1R2分12秒 TKO】 三好純(y-park) MA日本キック BREAK THROUGH-13~突破口~ 東京・ディファ有明  2009年10月18日
【3R判定3-0】 ローズ達也(ワイルドシーサー沖縄) MA日本キック FIGHTERS GATE-5 ~夢の扉を開けろ~ 東京・ゴールドジムサウス東京ANNEX  2009年7月19日
【3R判定3-0】  深堀ヒロシ(Kインター柏) MA日本キック BREAK THROUGH-11~突破口~ 東京・ディファ有明 2009年6月14日
【3R判定0-3】 山野寛之(チームドラゴン)  MA日本キック 2009士道館新春興行 BREAK THROUGH-9~突破口~添野道場40周年記念大会 東京・後楽園ホール 2009年2月15日
【3R判定3-0】
※2008MA日本バンタム級新人王トーナメント決勝戦
勇児(HOSOKAWA)  MA日本キック BREAK THROUGH-8~突破口~ 東京・ディファ有明  2008年12月21日
【3R判定3-0】
※2008新人王トーナメント準決勝 
AKITAKA(HIMI) MA日本キック BREAK THROUGH 6 東京・ディファ有明  2008年9月21日
【3R判定3-0】 落合宣夫(Kインター柏)  MA日本キック BREAK THROUGH-5 ~打破~新東金ジム30周年記念 戦場の狼 東京・後楽園ホール 2008年7月20日
【2R1分15秒 KO】
※2008新人王トーナメント一回戦 
前田慎介(VERSUS)  MA日本キック BREAK THROUGH-3~突破口 東京・ディファ有明  2008年4月29日
【2R1分47秒 KO】  勇児(HOSOKAWA) MA日本キック BREAK THROUGH-1 ~突破口~ MA.KICK 2008 士道館新春正月興行 東京・後楽園ホール 2008年1月14日
【3R判定3-0】
※デビュー戦 
西畑竜治(伊原道場) 新日本キック TITANS NEOS 2 東京・後楽園ホール  2007年9月16日

TOP > 選手名鑑 一覧 >加藤竜二 (JAPAN KICKBOXING INNOVATION)