TOP > 試合結果

【J-NETWORK】一戸が王者対決で逆転TKO勝ち、次はWBCムエタイ王座狙う

2015/10/10(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

気合いの入った表情でミドルを蹴る一戸(右)。八神(左)の猛攻に押されるが逆転TKO勝利を収めた

J-NETWORK
「J-FIGHT&J-GIRLS 2015 5th」
2015年10月10日(土)東京・新宿FACE

▼第8試合 メインイベント 57.5kg契約 3分5R
一戸総太(WSRフェアテックス/WPMF世界フェザー&スーパーバンタム級王者)
TKO 4R 1分43秒 ※ヒジによるカット→レフェリーストップ
●八神剣太(レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級王者)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

蹴りからの右フックで攻める一戸

 WPMF世界二階級制覇の一戸が約4年ぶりにJ-NETへ殴り込んだ。迎え撃つは変則的スタイルの“トリックスター”J-NET王者・八神。

 1R、強い右ローで先制した一戸は、その後も右ローを狙い撃ち。八神はそのローにローや前蹴りを蹴り返しながら、ジャブや右ロングフックなどのロングパンチを伸ばす。

一戸が蹴り足をキャッチし、八神を豪快にマットへ叩きつける

 入り込む八神の頭部が一戸に当たってしまい、偶発的なバッティングだが一戸が流血したため八神は減点1。一戸が首相撲で豪快にコカしたところでラウンド終了。

 2R、右に左にと構えを変えて前に出る八神に、一戸は左右ミドルと右フックを当てる。八神が首相撲で一戸を転倒させれば、一戸も八神の蹴り足をキャッチして豪快に転倒させ返す。一戸の蹴りに対して八神は左右ストレート、バックハンドブローで応戦。

3Rは完全に八神のペースに。4Rも序盤は八神優勢だった

 3Rは八神が勝負に出た。後ろ蹴り、ジャンプしてのハイキック、フェイントしてのパンチとトリッキーな動きを連発し、前蹴りで一戸のボディを攻めると一戸の動きが止まる。

 そこで一気に左右のストレートを連打し、前に出る八神。右アッパーも入り、一戸はガードを固めて下がり続けた。

八神の後ろ蹴りに一戸も後ろ蹴りを蹴り返す

 4Rも八神の攻勢が続く。ローやミドルを蹴る一戸に左右のストレートと前蹴りを突き刺し、ミドルも蹴り返す。八神の後ろ蹴りをもらうと、一戸も同じ技で応戦。一戸は右ヒジをヒットさせるが、八神の攻勢は止まらない。

 完全に八神がペースを握ったかと思ったその時、接近戦で一戸の右ヒジが八神の左目上を大きく切り裂いた。ドクターチェックが入り、試合続行不可能と判断されてストップ。一戸がTKO勝ちで王者対決を制した。

 今回がフェザー級での2戦目となる一戸は「体格差を感じました。今までなら一発蹴れば相手はバランスを崩すから返し技が来なかったんですが、今日は返されてしまった。効いた攻撃はなかったんですが、当てられると押されてしまって押し負けました」と試合を振り返る。

 そして「減量苦でフェザー級に上げましたが、まだフェザー級の身体じゃない。フィジカルトレーニングをして身体を作り、次はWBCムエタイの日本王座、インターナショナル王座、そして世界王座を獲ります」と、WBCムエタイ王座に狙いを定めると宣言した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 


【試合動画】一戸総太が日本人初のルンピニー王座挑戦


 

サイドキックや前蹴りで顔面を蹴っていく法(右)。3Rにダウンも奪った

▼第7試合 J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝戦 サバイバルマッチ1
○法 DATE(のり・でいと/Team DATE Rajaputra division/J-GIRLSバンタム級8位)
判定3-0 ※29-27、29-27、29-26
●瑠璃(るり/京都亀岡キックボクシングジム)
※法が決勝戦へ進出。

 J-GIRLSバンタム級王者・陣内まどかへの挑戦権を懸けたトーナメント準決勝。17歳の法はマハーラージャカルーリカというインド武術をバックボーンに持つといい、キックボクシングのみならずシュートボクシングや総合格闘技など様々なリングに参戦。9月には総合格闘技の『T-REX』でトーナメント優勝を果たし、11月23日の『DEEP JEWELS 10』への出場権を手にした。

 対する瑠璃は小学校の6年間を野球に打ち込み、全国大会のベスト3に入って女子で唯一人、世界大会の選抜メンバーに選ばれチームが3位に入賞した経歴を持つ。

 1R、法は振りが大きい左フックやバックハンドブローが当たると、一気にラッシュを仕掛けて手数・足数を出す。瑠璃は蹴っていくが、法のラッシュに巻き込まれてなかなか手が出ない。

 2R、法は突進してとにかく手数を多く出し、後ろ回し蹴りやバックハンドブローでけん制。顔面に前蹴り、サイドキックを放つ。このラウンドは瑠璃も蹴りで攻める。

 3R、1Rに続いて反則であるつかんでの攻撃をしてしまい、減点1が取られた法だが、サイドキックを顔面に当てて瑠璃を倒す。すぐに立ち上がった瑠璃だが、そのまま前のめりに転倒し、レフェリーはダウンを宣告。

 足が滑ったと主張する瑠璃だが、裁定は覆らず。このラウンドも法が嵐のようなラッシュを仕掛け、判定勝ちで決勝戦進出を決めた。

 法はマイクを持つと、「11月23日のDEEP JEWELS参戦が決まってのトーナメントでした。総合格闘技の練習の合間にキックボクシングの練習をして、不安もありましたが問題なく勝てました。私がDEEP JEWELS、シュートボクシング、J-GIRLS……全格闘技のベルトを総取りしていきたいと思います」と、野望をぶち上げた。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2015年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック