TOP > 試合結果

【ムエタイ】NJKF王者・北野克樹、ルンピニーで善戦も惜敗

2017/09/29(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

惜しくも敗れた北野

 9月29日(金・現地時間)タイ・ルンピニースタジアムに、NJKFスーパーライト級王者・北野克樹(誠至会)が出場、Max Muay Thaiで活躍中のタイ人、JACK NONDANGGYMと対戦した。

 1R、両者オーソドックスに構え、スローな立ち上がり。お互いに前蹴り、ミドルキックでけん制し合う。北野はサウスポーにスイッチして得意の左ハイキックを放つもJACKはブロック。お互いに差のないまま1R終了。

 2R、やや圧力が増す両者、北野の左ミドルキックをJACKはキャッチして、ローキックを返す。前に出るJACKは、北野をコーナーに詰めようと左ジャブ、ここで右手の下がったJACKの顔面に北野の左ハイキックが入る。JACKは横に崩れるように倒れるが、すぐに立ち上がり、フラッシュダウンでカウントはされず試合は続行。ここは一気に攻めたい北野、左右にスイッチしながらキックで攻撃をしかけるも、JACKのダメージは少なく、反対にロープを背負い打たれる場面もみられ、北野は攻めあぐみながら2R終了。

 3R、JACKはペースアップ、ダメージは見られない。JACKは強烈な右ミドルキックで北野に圧力をかける。北野が後ろ回し蹴りを繰り出せば、JACKはヒジ打ちで襲いかかる。やや動きはあったものの、目だった差はない。

 4R、北野は、ラウンド開始早々から得意の左ハイキックを何度も放つ。JACKはハイキックを警戒しながら、右ミドルキックで前に出る展開。

 5R、北野は攻撃スタイルをガラッと変え、左右のパンチでラッシュ。JACKは下がりながらミドルキックで北野の足を止めようとするも、北野はかまわずパンチのラッシュで前に出る。やや動きの止まったJACKの顔面に、北野の右フックがヒット。JACKはそのままロープにもたれてクリンチ。なおも北野はパンチで前に出る。4Rまでの展開と違い、パンチで勢いが上がってきた北野だが、ここで試合終了のゴング。

 2Rのフラッシュダウンもあり、どちらが勝ったのかまったく分からない場内、レフェリーが手を上げたのは、北野ではなく相手のJACKだった。

 試合を終えて帰国した北野は、「やっぱりタイ人は独特な距離感とタイミングがうまかったです。いっぱい課題の残る試合になりました。この経験を生かし、また必ず強くなれると確信しました。また次に向けて頑張ります」とコメントした。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果