TOP > 注目の写真 > 試合結果個別

【巌流島】星風が気迫でアフリカ最強戦士に勝つ

2016/03/25(金)UP

▼第7試合 フリーウェイト
○星風(モンゴル/大相撲)
テクニカル一本 2R 1分30秒 ※セコンドからのタオル投入
●ボンギンココシ・マドンセラ(南アフリカ/ズールー族)

星風(中央)は試合再開の合図を待たずにマドンセラに襲い掛かる。

 ボビー・オロゴンが招聘した、今大会最注目選手である南アフリカ・ズールー族最強の男と言われるマドンセラが登場。民族楽器の演奏と歌にのってゆっくりとその巨体が姿を現した。対するは元・大相撲力士の星風。

 1R、開始と同時に飛びかかる星風がテイクダウン。寝技時間切れとなって立ち上がると、星風は再開の合図を待たずにマドンセラに襲い掛かり、レフェリーは減点1を与える。マドンセラも星風の左フックで右目上から流血でドクターチェック。

 再開後、星風が押し出そうとしたが同体で転落。星風は右フックから組み付き、同体で場外転落すると攻撃が禁じられている場外で上から殴りつける。マドンセラのセコンドがエキサイトし、星風も道着を脱いで喧嘩腰に。協議が行われ、星風に減点が追加された。

 3Rも飛びかかっていく星風。マドンセラをテイクダウンするが、ここで「右腕に噛み付きがあった」と星風が主張。マドンセラに減点1が与えられる。再開すると星風が押し出すが同体で転落。ここでマドンセラが左足を切ったと訴えて治療のため時間が取られる。

マドンセラのセコンドからタオルが投入された

 再開と同時に星風が突進し、同体で場外転落。これでマドンセラの心が折れたのか、ゆっくりと舞台に戻ったところでセコンドからタオルが投入され、星風の勝利となった。

 星風はマイクを持ち、「身体の大きさではなく気持ちの強さで勝てると証明できたと思います。ボビー・オロゴン、もっと強いヤツをつれて来い。ぶっ殺してやるから。また俺を応援に来てください」とアピールした。

☆全試合結果はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

新着情報



TOP > 注目の写真 > 試合結果個別