TOP > ニュース

【ボクシング】山中慎介、チャンスあれば強引にでもKOに行く

2016/09/14(水)UP

前回は判定2-1の接戦となった山中(右)とモレノ(左)。山中はKOで完全決着をつけるつもりだ

 9月16日(金)エディオンアリーナ大阪第1競技場で開催される『ワールドプレミアムボクシング24』の調印式&記者会見が、14日(水)府内で行われた。

 WBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳ジム)は日本歴代2位タイとなる11度目の防衛を懸け、挑戦者・同級1位アンセルモ・モレノ(パナマ)と対戦する。両者は昨年9月に対戦し、この時は判定2-1で山中が9度目の防衛を達成した。

「今回は万全のサポートで最高に仕上がったと思います」と山中。「今回も厳しい戦いになると思うが、もう少しパンチが当たればKOチャンスが生まれると思うので、そういう時があれば多少強引にでも行きたい」と、KOで完全決着をつけるつもりのようだ。モレノの印象は「前回と変わらない」とした。

 対するモレノも、「ベルトはどんな形であれ持って帰る。全てのパナマ国民が私の勝利を待っている。今回は勝つために来日した」と必勝宣言。「私たちは互いをよく知っている。明日はより優れたボクサーが勝つだろう」と語った。

この試合の勝者に送られるリング誌のベルト

 また、この試合の勝者にはボクシング界では最も歴史と権威があるとされ、“ボクシングの聖書”とまで呼ばれているアメリカのボクシング専門誌『ザ・リング』から記念のベルトが贈られることになった。

 山中は「リング誌のベルトは新鮮だし、絶対に持ち帰りたい。持ち帰ることは確信している」と、勝利を誓った。

●編集部オススメ記事
・神の左vs神の目の対決と謳われた昨年9月の山中vsモレノ初対決
・山中、ダウンの応酬制しV10 

【大会・チケット情報】 9・16 帝拳プロモーション 「ワールドプレミアムボクシング24」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース