TOP > ニュース

【ボクシング】田口良一と京口紘人のW世界戦が決定、田口の相手は元王者ブドラー

2018/04/04(水)UP

今年初の防衛戦が決まり会見に臨んだ統一王者の田口良一(左)とIBF王者の京口紘人

 4月4日(水)、ワタナベジムは都内で会見を開き、WBAIBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一(31=ワタナベ)とIBFミニマム級王者の京口紘人(24=ワタナベ)のダブル世界タイトルマッチを発表した。5月20日(日)、東京・大田区総合体育館で行われる。

 昨年大みそかにWBA王者の田口はIBF王者ミラン・メリンド(フィリピン)と対戦し判定勝利。統一王者となった。田口は今回WBAが8度目、IBFは初の防衛戦となり、日本人初の統一王座防衛戦となる。

「KOにつながれば」と田口

 田口の相手はIBF同級6位のヘッキー・ブドラー(29=南アフリカ)。元WBA世界ミニマム級スーパー王者で5度の防衛、主要4団体以外では元IBO世界ミニマム級王者で9度の防衛と、同団体ライトフライ級でも1度の防衛実績がある。プロ通算戦績も田口の3127勝(12KO)2敗2分に対しブドラーは3431勝(10KO)3敗と拮抗している。

 昨年9月、メリンドのIBF王座に挑戦。判定負けとなったが、ブドラーの勝ちを支持する声も高く、IBFは次の指名挑戦者に認定。大みそかにメリンドに勝利しIBF新王者となった田口との試合を指示した。

ブドラーの写真。本人のtwitterより。この新聞記事ではメリンド勝利も、ブドラーは自身の勝利を主張していると報道。

 田口はブドラー戦について「ブドラー選手は元世界チャンピオンで本当に強い相手だなと思っている。メリンド選手と互角にやった相手でもあり強いが、勝って8度目の防衛をなんとしてもしたい。前回は判定だったので、昨年7月のバレラ戦(9TKO勝利)のように勢いある試合で結果KOにつながればと思う」とKOを目指すとし、目標のV10については「油断はしたことはないが、油断せずに着実に勝ち上がって今年V10を達成したい」とV10目標は今年中であると語った。

 また、日本人初の統一王座防衛戦となる今回については「(日本人)史上初ということで嬉しさを感じている。統一チャンピオンとして今まで以上に注目されると思う。リスクある試合だが、また評価も上がると思うのでここは勝ち上がりたい」と決意を述べた。

「強い相手と戦いたい」と希望を出している京口

 京口は2度目の防衛戦で、対戦相手は未定だが、京口は会見で「強い相手と戦いたいと伝えている。僕からも何人か候補を出した。もうほぼ決まってきているのでは。(初防衛戦の)大みそかはいい内容で勝てた(8回TKO勝利)。今回もそれ以上の内容でアピールできたらと思う」とコメントした。
 ワタナベジムの渡辺均会長は「京口の相手は調整中。本当に好カードをやりたいと思っている」と、後日発表すると報道陣に伝えた。

▶︎田口が「昨年7月のバレラ戦のように」と意気込んだTKO勝利したバレラ戦

●編集部オススメ

・田口良一がV7、2団体統一王者は日本人3人目

・京口が集中打を浴びせ、TKOで初防衛成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース