TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】待望のドリームマッチに向け田口良一が公開練習「過去最高のモチベーション」

2019/03/12(火)UP

サンドバックを打つ田口、過去最高のモチベーションという。

 3月16日(土)岐阜メモリアルセンター 愛ドームにて開催される「WBO世界フライ級タイトルマッチ」で、王者・田中恒成(23歳=畑中)に挑む元WBA&IBF世界ライトフライ級統一チャンピオンの田口良一(32歳=ワタナベ)が、12日(火)都内の所属ジムで公開練習を行った。

 両者の対戦は2017年末にライトフライ級王座統一戦が内定していたが、田中が同年9月の防衛戦で両目眼窩底骨折を負ってしまい、白紙となっていた。今回、ようやくファン待望のドリームマッチが実現する。田口にとっては2階級制覇、田中は3階級目のフライ級王座初防衛がかかっている。

打ち方を確認するかのようにシャドウを行う

 公開練習で田口はシャドーボクシング2R、ミット打ち3R、サンドバッグ打ち込み2Rの後、最後はエアロバイクでクールダウンを行った。昨年5月、統一王座防衛戦でヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に敗れ、一度は引退も考えたという田口。減量に限界を感じ、フライ級に階級を上げての初挑戦となるが、調整は絶好調の様子。「目標体重まであと2キロ。階級を上げてから基本的な練習内容は変わりませんが、直前で落とす重量が少ないので、精神的に楽になりました。今のところいい感じです。あとは本番まで集中します」(田口)

  対戦相手の田中は、昨年9月に世界最速12戦で3階級制覇を成し遂げている。かねてから「今一番、戦いたい相手」と、田口との対戦を熱望しており、フライ級初の防衛戦に田口を指名してきた。田口は「田中選手は本当に強いので、木村戦の様子を見ながら対策を練ってきました。彼は相手の先を読みながら賢いボクシングをする。当日は激しい打ち合いになると思うので、磨いてきた鋭いジャブや踏み込みで対抗します」と、自信に溢れた表情で語る。

 対戦への意気込みについて田口は「今回は過去最高のモチベーション。僕にとっては二階級制覇より、田中選手に勝つことが大事。勝てば自分の強さが認められ、今までのボクシング人生で一番の喜びになるはずです」と、力強く語った。

●編集部オススメ

・田中恒成が3.16田口戦へ、父の持つミットで追い込み=公開練習 

・田口、僅差の判定負けで統一王座防衛ならず

・田中恒成が眼窩底骨折、年末の田口との統一戦は白紙に

・田口良一、田中恒成との統一戦「ぜひやりたい」

・田口、ボディを効かせTKO勝ちでV6「年末は田中君と勝負出来たら」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧