TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】村田諒太、ブラントとの再戦へ「足の動きを重点的に」

2019/04/25(木)UP

村田諒太がブラント(右)にリベンジすることができるか

 前WBA世界ミドル級王者で同級3位の村田諒太(33=帝拳)とWBA世界ミドル級王者ロブ・ブラント(28=米国)の再戦決定会見が25日都内ホテルにて行われた。7月12日(金)、『WBA世界ミドル級タイトルマッチ』として、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)にて再び拳を交える。

 会見には村田、ブラント共に出席。村田は昨年10月にブラントとのタイトルマッチで王座陥落したことについて「負けた時はもうこれ以上ボクシングはしないかなと思った時期もあった。しかし、人生を振り返った時に、あの試合が最後で良いのか、と自分自身に問いかけ、それは無いなと。試合内容自体も恥ずかしいものだったが、しっかりと見直すことによって成長できると思う。試合までしっかり仕上げていきたい」と語る。

昨年10月、ブラントのパンチを多く被弾するも打ち合いに行く村田

 試合内容では動きに硬さが見られ、ダウンはなかったもののブラントの豹のようなしなやかな動きを捉えきれず、多くのパンチを被弾し完敗と言っていい内容だった。
 村田は悪かった点、反省すべき点を「全く足が動いていなかった」と話す。「基本的なしっかり下半身を作った上で打つということができていなかった」とし、次戦に向けては「足の動きを重点的にやって行きたい」とコメントした。村田のボクシングは、腰を落としながら、ガードを高くしジリジリ前に詰めジャブで攻めてから、ここぞという時に得意の右を出すという印象。その村田のスタイルに足の動きが加わればブラントに対して勝利が見えてくるのではないか。村田は「同じ戦いをする気はない」ともコメントしている。

フェイスオフする両者

 試合会場は出身の奈良に近い大阪府立体育会館。地元の人たちにどのような姿を見せたいかという問いには「ベストを尽くす、色んなことを言ってもしょうがないと思っているのでリング上ですべてを見せる」と意気込んだ。王者ブラントは「返り討ちを目指す」と余裕の笑顔。果たして村田はリベンジを果たし王座奪取なるか。
戦績は村田は16戦14勝11KO2敗、ブラントは26戦25勝17KO1敗。
(写真:Naoki Fukuda)

●編集部オススメ

・村田諒太がベガスで王座陥落、ブラントに判定負け

・村田が新王者に。エンダムにTKOでリベンジ達成

・村田王座奪取ならず、判定に泣く

・村田に勝ったエンダム、判定について語る

・村田再戦へ前進か、WBAが審判2人を処分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧