TOP > ニュース

【格闘代理戦争】Aブロックは久保優太ファミリーが準決勝進出、新たにピーターアーツチーム出現

2019/04/28(日)UP

選手に的確な指示を送る久保監督(右)

 インターネットテレビ局AbemaTVの人気企画『格闘代理戦争』。この番組は格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリー番組で、格闘技界のレジェンド選手がそれぞれ推薦選手(代理選手)を出し合い、トーナメントで戦わせるというもの。

 4thシーズンの舞台は『K-1』で、K-1スーパー・フェザー級王者・武尊、同ウェルター級王者・久保優太、K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノル、武尊と激戦を繰り広げた皇治、K-1の核弾頭・芦澤竜誠の5名がそれぞれドラフトで4名を選出し、“監督となってトーナメントに臨む。優勝チームには賞金300万円とK-1デビューの権利が与えられる。

中堅の宮本は久保優太(右)の妻サラさん(左)のボディガードを務める

 そのトーナメント1回戦が4月28日(日)都内にて行われた。このトーナメントは先鋒・中堅・大将の順で勝ち抜き戦。なお、試合はK-1アマチュア特別ルール(3分2Rでドローの場合は延長1R 延長はマスト判定)で行われる。「勝ち抜き戦というルールであるため監督の采配が鍵を握る」とゲスト解説の魔裟斗は語った。

 トーナメント1回戦Aブロックは、久保ファミリーvs芦澤一家となった。

両監督からの指名があった稲垣(右)

▼Aブロック第1試合
◯稲垣柊(芦澤一家、先鋒)
KO ※左ストレート
●宮本時代(久保ファミリー、先鋒)

 両監督が指名するほどの実力を誇る稲垣と、久保の妻のボディガード宮本の対戦。

 1R、飛び込みの右フックを振り回す宮本に、稲垣が距離をとって左ミドルキック、ヒザを振るっていく。2R、稲垣が左ミドルを連続で放ち、ロープ側に押し込んで突き刺すような左ヒザでダウンを奪う。さらに強烈な左ストレートをクリーンヒットさせてぐらついたところでレフリーが試合を止めた。

山口(左)が強豪の稲垣を撃破した

▼Aブロック第2試合
●稲垣柊(芦澤一家、先鋒)
判定 3-0 20-18 20-19 20-19
◯山口浩太郎(久保ファミリー、中堅)

 1R、両者サウスポー。ワンツーからの左ミドルを繰り出す稲垣に、山口は左ストレートをヒットさせ、右フック、左ストレートまで繋げた。2R、山口が飛び込んでの左ストレートをクリーンヒット、さらにパンチからヒザのコンビネーションで攻め立てる。稲垣は左ヒザや左ストレートを返すが、山口が左右のフックを連続でヒットさせ印象付けた。

▶︎次ページはAブロック3試合から5試合まで。そして新監督Xが発表

●編集部オススメ

・武尊、皇治らの前で56名がスター目指してドラフト会議

・久保優太が城戸康裕との激しい延長戦を制しウェルター級王座防衛

・史上最も危険な戦いは芦澤竜誠が2度のダウンを奪って小澤海斗との因縁に終止符

・那須川天心の挑戦者トーナメントに青木真也が電撃参戦、強豪ボクサーら全選手発表

・「那須川にボクシングで勝ったら1000万」で落選したフリーボクサー中村優也の”言い訳”と警鐘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース