TOP > ニュース

【海外ボクシング】UFCファイトパスがボクシングプロモーションと配信契約

2019/05/07(火)UP

UFC ディナ・ホワイト代表

 米国のMMA団体であるUFCが運営する有料オンライン映像配信サービス『UFCファイト・パス』は、米国で人気のボクシング・プロモーション団体であるマーフィーズ・ボクシング(Murphys Boxing/以下マーフィーズ)と複数年契約を結んだことを発表した。

 記念すべき初放送では、現地時間5月10日(日本時間11日)、米国スプリングフィールドで行われるイベントでアブラハム・ノヴァ(14戦全勝10KO)対マリオ・ロザノ(21戦18勝9KO2敗1分)の10回戦がメインイベントとなる。前座試合にも(15戦全勝12KO)のカルロス・ゴンゴラやベネズエラ出身の五輪経験者ルイス・ディアス(6戦全勝全KO)ら、マーフィーズの誇るスター候補たちが登場する予定だ。知られざるこれからの海外スター候補たちの映像を見ることが出来る。

5月10日行われるアブラハム・ノヴァの試合のポスター。この試合から配信が始まる。

 UFCのディナ・ホワイト代表は、マーフィーズによる過去5年の業績を高く評価し、この提携について「とても興奮している」とコメントした。マーフィーズの創始者であるケン・キャセイ氏も「ノヴァのような有望選手を『ファイト・パス』というプラットフォームに置くことで私たちは、彼を世界に紹介できることになる」と感謝を述べた。
  『UFCファイト・パス』では178か国で利用可能となっており、UFCをはじめ、InvictaやGLORYのなどの海外格闘技や日本ではクイーンテッド、過去のアーカイブではPRIDEも見ることができる。

●編集部オススメ

・【海外ボクシング】カネロが3団体統一世界王者に

・UFCが身売り「UFCを次のレベルへ」デイナ・ホワイト代表

・【ボクシング】王座獲得ならず!船井龍一が無念のドクターストップ、王者アンカハスにTKO負け

・モンスター井上尚弥が勝ち続けるイメトレは相手への過大評価

・くびれ美人のメルヘン戦士マドレーヌ、念願のプロレスデビュー戦が決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース