TOP > ニュース

【KNOCK OUT】新プロデューサーに山口元気氏が就任、REBELSとの提携を発表

2019/05/20(月)UP

山口元気レベルス代表(左)が新プロデューサーに就任、木谷オーナー(中央)、原田社長(右)と

 5月20日(月)『KNOCK OUT』新体制発表記者会見が都内にて行われた。本会見では、今後の『KNOCK OUT』新体制と新たなコンセプトの紹介、次回8月大会の決定カードおよび今後の参戦選手の紹介が行われた。

 前回4月大会にて退任した小野寺力氏(44)の後任として、山口元気レベルス代表(49)がプロデューサーに就任、レベルスとの提携を行っていくことが発表された。

山口新プロデューサーはアマチュア大会、トライアウトから選手を育成・発掘していくプランを発表

 山口元気氏は1970年4月25日生まれの49歳。90年代後半~2000年代前半に「黄金の左ミドル」と呼ばれた左ミドルキックを武器に一世を風靡。MA日本キックフライ級およびフェザー級王座を獲得した。引退後は格闘技ジム「クロスポイント」を設立。2010年1月よりキックボクシングイベント「REBELS(レベルス)」を主宰している。

 原田克彦株式会社キックスロード社長は、新生KNOCK OUTは「選手の育成」「スター選手の発掘」を軸に展開していくと説明。アマチュア大会の拡充、選手育成の強化を経て、レベルスからKNOCK OUTへの出場を果たしていくというプランを語った。

 山口プロデューサーは「『KNOCK OUT』のイベント自体はキックボクシングをやっている選手、ファンたちに希望を与えた素晴らしい舞台。これを継続していくことが僕の役目」と、新プロデューサーとしての抱負を口にした。

木谷オーナーは山口プロデューサーの「ストーリーを作る力」を高く評価

 アマチュアの育成については、自身が開催している7月のレベルスアマチュア大会以降から、KNOCK OUTのアマチュア大会開催を想定していると発表。地域の体育館など、小規模な会場で行う地道な草の根運動から始めたいと語る。また学生キック連盟との提携を調整しており、優秀な選手をKNOCK OUTのリングに上げる計画もあるという。アマチュアで活躍したのちにレベルスへ出場、チャンピオンとなってKNOCK OUTに出場するという道筋を作っていくことが、KNOCK OUTに出場したいという選手たちのためになるとの考えを示した。

 また「KNOCK OUT TRYOUT」と銘打ったトライアウト企画の計画も発表。毎週放送しているTOKYO MXの番組を活用し、広くプロ・アマチュア・女子選手のトライアウト参加者を募集し、10月4日の後楽園大会を決勝大会にしたいという計画を語った。

 木谷高明キックスロードオーナーは、山口プロデューサーを「育成した選手が知名度を上げて面白い対戦を作っていくストーリーを作るのが上手い。点ではなく、線から面になっていく」と評価。

 現在のKNOCK OUTのファン層は「濃いユーザーとライトユーザーの二極化し、中間層がいない」という構成になっている問題を抱えており、感情移入しやすいストーリーと前日計量やトークショーなどのイベントを通じてファンのすそ野を広げ、中間層の増加を進めていくことを期待した。

 レベルスとの提携は6月9日のレベルス興行から開始され、山口氏初のプロデュース興行は8月18日・大田区総合体育館で行われる「K.O CLIMAX2019」になるという。「全方位外交」を得意とする山口氏の手腕により生まれ変わっていく「KNOCK OUT」の今後に期待したい。

▼K.O CLIMAX2019 チケット販売スケジュール
6/2 ファンクラブ先行発売開始
6/9 『REBELS.61』後楽園にて会場先行販売
6/10 一般販売
※一部選手の応援シートを設置予定
 続報はKNOCK OUT公式サイトで公開

▼2019年大会スケジュール予定
6/9 REBELS.61 後楽園ホール
8/10 REBELS.62 後楽園ホール
8/18 KO.CLIMAX 2019 大田区総合体育館
10/4  KNOCK OUT 後楽園ホール
10/6  REBELS.63 後楽園ホール
11.1  KNOCK OUT 後楽園ホール

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】小野寺力プロデューサーが退任、8月に新体制の大会開催

・ヨードレックペット、ムエタイの凄み見せチャンヒョンを撃破

・メインのタイトル戦 石井一成vsタネヨシホが中止、石井は名高とエキシに

・計量パスの小林愛三「ヒジでガンガン行く」

・圧倒的破壊力ボディを持つグラドル&ヒューマンビートボクサー再登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース