TOP > ニュース

【ボクシング】「パッキャオは最後の戦いになる」対戦するスーパー王者サーマンが予告

2019/05/23(木)UP

昨日の会見でファイティングポーズをとるパッキャオ(左)とサーマン @MannyPacquiaoより

 7月20日(日本時間21日)ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われる『WBA世界ウェルター級タイトルマッチ』で対戦するWBA世界ウエルター級レギュラー王者のマニー・パッキャオ(40=フィリピン)とWBA世界ウエルター級スーパー王者のキース・サーマン(30=米)のキックオフ会見が5月21日(日本時間22日)ニューヨークで行われた。
 
 サーマンは「私はいつも最高のボクサーと戦いたかった。何年も前に私はフロイド・メイウェザー、マニー・パッキャオと戦いたいと思っていたが、フロイドは去った。パッキャオはここにいる。パッキャオのような伝説のボクサーとリングを共有することができてとても嬉しい」と語った。

今年1月、初防衛に成功したパッキャオ。元4階級制覇王者のブローナーにパンチを連打し動きを止める。(c)getty

 続けてサーマンは「彼は伝説。彼は消える。私は彼がしたことをやるつもりだ。パッキャオがオスカー・デラホーヤ(プロボクシング史上初の6階級制覇)と戦い勝ったように。これはおそらくパッキャオの最後の戦いになるだろう」と語った。
 2008年の12月、パッキャオがデラホーヤに勝ちデラホーヤは引退。場所も今回行われるMGMグランドガーデン・アリーナだった。パッキャオもデラホーヤと同じ6階級制覇王者。これと同じことをサーマンはやろうとしている。

 一方パッキャオは「私はキース・サーマンを選んだのは彼が無敗だから。40歳の時でも無敗のファイターを倒せることを証明したい。ファンを楽しませる試合をする。私の旅は続く」とこの試合に勝ちまだ現役を続けると語った。

 サーマンは初回でのKOが多いことからOne Timeという愛称があり、戦績は30戦29勝(22KO)無敗1無効試合。パッキャオの戦績は70戦61勝(39KO)7敗2分。

◆◆WOWOWボクシング番組情報◆◆

『生中継!エキサイトマッチスペシャル 伊藤雅雪、海外防衛戦!』
対戦カード/WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ:伊藤雅雪 vs ジャメル・ヘリング
対戦カード/WBO世界S・フライ級挑戦者決定戦:江藤光喜 vs ジェイビエール・シントロン

 5/26(日)夜8時頃~WOWOWメンバーズオンデマンドにて先行ライブ配信!
※WBA世界フェザー級タイトルマッチ:シュー・ツァン vs久保隼
※WBA世界L・フライ級タイトルマッチ:カルロス・カニサレス vs木村翔

●編集部オススメ

・【ボクシング】パッキャオ、初防衛に成功。メイウェザー戦に「いつでも準備はできている」

・ボクシング】パッキャオがTKOで圧勝、WBA初タイトル奪取で年内もう1試合示唆

・【RIZIN】パッキャオ来場、榊原委員長「推薦」の誤解を説明

・【RIZIN】パッキャオとツーショットの那須川天心、自身の人生は「随分展開が速いマンガ」

・【ボクシング】怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース