TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井岡一翔、4階級制覇へ覚悟の必勝宣言「負ければ最後の試合になるかも」

2019/06/15(土)UP

多くの報道陣に必勝を宣言した井岡

 6月19日(水)、千葉の幕張メッセで行われるトリプル世界戦の一つとして、アストン・パリクテ(28=フィリピン)とのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦に臨む井岡一翔(30=Reason大貴)が東京・品川区にあるワタナベボクシングジムで公開練習を行った。

「もっと先のボクサー生活を見据えている僕は、この試合も絶対に勝たなきゃいけない」と目に力を込めて語った井岡。

シャドーボクシングを披露する井岡

 直前まで行っていた米国ラスベガスでの合宿には「質のいいトレーニングができたと思った。公開練習はシャドーボクシングを2ラウンド行って終了。アマチュア時代から指導に関わっている佐々木修平氏&イスマエス・サラス氏の名指導者コンビがそれを見守った。長身なパリクテ対策として、もっと大きな選手とのスパーリングを重ねてきたし、あとは戦えるコンディションを仕上げるだけ」と開口一番から自信を口にした。

 勝てば日本男子史上初の世界王座4階級制覇。だが「負ければ最後の試合になるかもしれない」と井岡はラストチャンスを感じている。

(左から)佐々木トレーナー、井岡、サラス・トレーナー

 今回の世界戦に向けてのイベント中には、5階級制覇を無敗で成し遂げたフロイド・メイウェザー・ジュニア氏(42)とも対面。「君も5階級制覇を目指そう」と激励されたが「今は想像できない」と目の前の大一番に集中していた。

・6.19トリプル世界戦のイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・4階級制覇に弾み、井岡一翔が復帰戦圧勝でシルバー王座獲得

・井岡一翔が復帰へ「新たな地で階級を上げて4階級制覇を」

・【TMT】メイウェザーが緊急来日、日本での壮大なビジネスプランと格闘技

・那須川天心vs亀田興毅、視聴者による「勝敗予想」は天心58%とリード

・【テレビ】女子大生ボクサー鈴木なな子、香港戦と母の減量弁当

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧