TOP > ニュース 一覧

【K-1】再起戦で強敵迎える野杁正明、名古屋大会に向け「いい勝ち方を」

2019/06/16(日)UP

野杁(左)は再起戦にムエタイの強豪を迎える

 8月24日(土)大阪・エディオンアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019』の対戦カード発表記者会見が、6月16日(日)都内にて行われた。

 K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者・野杁正明(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の出場が決定。タイ国ラジャダムナンスタジアム・ルンピニースタジアム1位のシンスリヤー・サクチャイチョート(25=タイ)と対戦する。

年末の名古屋大会に向け「いい勝ち方をしたい」と語る野杁(左)

 今年3月の「K’FESTA.2」では対日本人無敗を誇るジョーダン・ピケオー(28=オランダ/Krushスーパー・ウェルター級王者)と拳を合わせた野杁。見せ場を作るも僅差の判定でピケオーの牙城を崩すことができなかった。8月の大阪で再起戦を迎えることになるが、対戦するシンスリヤーの情報を見て「再起戦の相手としては強すぎるかな」と、敗戦直後でも甘やかさないK-1のマッチメイクに喜びの表情を見せた。そして「武尊が(ラジャ王者ヨーキッサダーを破り)K-1最強を証明してくれたので、僕も倒したい」と、盟友の勝利に続くことを宣言した。

打倒ピケオーに向け「1Rからガツガツ行きたい」と語る野杁

 シンスリヤーの戦力を「パンチが印象に残る。K-1ルールに向いている」と分析した野杁。武尊が「金属バットで殴られているようだった」と評したムエタイトップの蹴りは、「自分より上」と分析するが、技のバリエーションで勝る自分が総合力では勝ると断言した。

 打倒ピケオーに向け「ここで大したことない相手とやっても意味がない」と、強敵との対戦を歓迎する姿勢の野杁は、年末の名古屋大会に向け「今回負けたら声がかかるかわからないので、いい勝ち方をしたい」と生まれ故郷に錦を飾るためにも勝利を誓ってみせた。

●編集部オススメ

・危ない場面も、ピケオーが野杁を下し対日本人9戦無敗に

・野杁正明“本物の強さ”目指す、三階級制覇も視野

・武尊が現役ムエタイ・ラジャダムナン王者に衝撃のKO勝利

・野杁正明がウェルター級転向へ、城戸康裕らとの対戦も視野

・【KRUSH】6.21ラウンドガール「K-1 GIRLS」サイン会決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧