TOP > ニュース

【ボクシング】井岡一翔にTKO負けのパリクテ「ストップが早い」

2019/06/20(木)UP

井岡の怒涛の連打を浴びるパリクテ、レフェリーがストップする瞬間

 6月19日(水)千葉・幕張メッセ イベントホールで行われた『WBO世界スーパーフライ級王座決定戦』において、同級2位の井岡一翔(30=Reason大貴)が同級1位アストン・パリクテ(28=フィリピン)を10R1分46秒、井岡のラッシュで棒立ちになったパリクテをレフェリーが止め、TKO勝利で日本人史上初の4階級制覇を達成した。

 負けたパリクテは試合後、悔し泣き。「ストップが早い」と会見で語った。「私が勝つ流れだった。私は効いていなかったし、ダウンもしていない」とも。

パリクテの右が井岡の顔面を捉える

 効く、効かないと判断する度合いは選手それぞれ異なるだろう。パリクテが勝つ流れだったという部分はあったかもしれない。特に7R。井岡を追い詰めたが、井岡は打たれっぱなしにはならず、ラウンド後半には反撃に転じパリクテはチャンスを逃している。
 そして効いているからこそ10Rにあれだけ打たれっぱなしになって動けなくなり、テンプルに何度も井岡のパンチを浴びた。

  そしてパリクテ陣営は再戦にも意欲を示したが、「もし井岡と再戦するなら、他のレフェリーを使ってほしい」と語る。
 果たして再戦はあるのか?

●編集部オススメ

・4階級制覇の井岡一翔「次は他団体王者と」IBF獲れば4団体制覇へ

・井岡一翔がパリクテを10R TKOで下し日本人初の4階級制覇に成功

・井岡一翔「いい仕上がり。4階級制覇を見せたい」、パリクテ「明日が楽しみ」

・王座獲得ならず!船井龍一が王者アンカハスにTKO負け、無念のドクターストップ、

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース