TOP > ニュース

【KNOCK OUT】”ニンジャ”宮越慶次郎が1年半ぶりの帰還、ヒジの名手・鈴木真治と対戦

2019/06/20(木)UP

1年半ぶりのKO参戦の宮越(左)が元J-NET王者鈴木と対戦

 8月18日(日)東京・大田区総合体育館において開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』の追加カードが発表された。

 WBCムエタイ・ インターナショナル・ライト級王者・宮越慶二郎(29=拳粋会宮越道場) vs元J-NETWORKスーパーライト級王者・鈴木真治(33=フジマキックムエタイジム)が決定。

今年4月にKNOCKOUT常連の勝次を撃破した宮越(右)

 宮越は国内ライト~スーパーライト級屈指の実力者として知られ、国内外のリングで多くの強豪と対戦。昨年12月にはREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者のスアレック・ルークカムイ(33=タイ/スタージス新宿ジム)に5RKO勝利、今年4月にはKNOCK OUTでも活躍する新日本キックボクシング協会日本ライト級王者・勝次(32=目黒藤本ジム)からダウン奪取の末に判定勝利と、王者クラスに立て続けに撃破してきた。

 KNOCK OUTへは昨年2月の重森陽太戦(5R判定ドロー)以来の出場。進化を遂げた「ニンジャ」は再びKNOCK OUTの最前線へ躍り出る。

各地のリングで激戦を繰り広げる鈴木(左)はKNOCK OUTにインパクトを与えられるか

 対する鈴木はNJKFやJ-NETWORK、REBELSなどリングを選ばず戦い続けるファイターで、今回がKNOCK OUT初参戦。過去には元K-1王者・卜部弘嵩やISKAインター王者・宮島教晋、KNOCK OUTで活躍する水落洋祐らに勝利する実績を上げてきた。

 昨年11月には「S-cup65kg世界トーナメント」に出場予定だったENFUSION-60kg世界王者イリアス・エナッシ(オランダ)の欠場を知るや、SNSで猛アピールし代打出場をもぎ取り、最強外国人と目されていたWBKF世界スーパーライト級王者アレクセイ・フェドシープ(キルギス)をヒジで斬りレフェリーストップをもぎ取った。残念ながらトーナメントは眼窩底骨折のため決勝で棄権となったが、今年6月にはタイ・ラジャダムナンスタジアムにおいてタイ人相手にヒジでKO勝利し、切れ味が健在であることをアピールしている。

<決定対戦カード>
▼63.5㎏契約3分5R
宮越慶二郎(拳粋会宮越道場/WBCムエタイ・ インターナショナル・ライト級王者)
vs
鈴木真治(フジマキックムエタイジム/元J-NETWORKスーパーライト級王者)

●編集部オススメ

・“ニンジャ”宮越が“サムライ”勝次を撃破「目指すは大晦日」

・宮越慶二郎が最終回にスアレックを劇的KO

・鈴木真治が最強外国人と目されていたフェドシープを流血葬

・S-cup欠場エナッシの代役に、SNSで猛アピールの元J-NET王者・鈴木真治が抜擢

・新ラウンドガールはauレースクイーン=6.9後楽園大会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース