TOP > 試合結果

【レベルス】“ニンジャ”宮越が“サムライ”勝次を撃破「目指すは大晦日」

2019/04/21(日)UP

“ニンジャ”宮越(右)と“サムライ”勝次の一戦は激闘に

REBELSプロモーション
「REBELS.60」
2019年4月20日(土) 東京・後楽園ホール

▼第11試合 メインイベント REBELS-MUAYTHAIルール 63kg契約 3分5R(延長なし)
〇宮越慶二郎(28=拳粋会宮越道場/WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)
判定3-0 ※49-47、49-47、49-46
●勝次(32=目黒藤本ジム/新日本キックボクシング協会日本ライト級王者)

 2018年12月の『REBELS.59』に続き、WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者・宮越慶二郎がメインイベントのリングに上がる。新日本キックボクシング協会の看板を背負ってリングに上がるという勝次は、必殺の「サムライソード」を引っ提げREBELSのリングに初参戦。”ニンジャ”対”サムライ”の図式となる一戦となった。

 1R、宮越が左右に回り、勝次が円の中心にいる形に。お互いにローの打ち合いとなる。勝次が飛び込んで右ストレートを当てると、宮越は強烈な右ローを返し、優劣はつかない。近づくと勝次は縦ヒジを狙いにいくが、宮越は距離を取り左フックを返す。

 2R、細かく左右に動きながら宮越がプレッシャーをかけ前進。右ストレートから左フックのコンビネーションを幾度となくヒットさせる。宮越がスイッチからの右ボディを深く突き刺し、一瞬勝次の腰が折れる。勝次も手を出すが単発となり、後続が出ない。

 3R、前ラウンドに続き、宮越が細かい前後の出入りから右ロー、右ミドル、ワンツーフックとバリエーションのあるコンビネーションを繰り出す。勝次は右ストレートを狙っていくが、宮越が左フックをかぶせ、勝次が大きくぐらつくシーンも。終盤に勝次がラッシュを仕掛けるが、直線的なため宮越はニンジャステップで回避する。

勝次の左フックで宮越は右目下をカット

 4R、勝次の右に宮越が左のオーバーハンドをかぶせる展開が続くが、今まで見せていなかった勝次の左フックが立て続けに二度宮越をとらえる。勝次がペースを握るかと思われた瞬間、勝次の右に合わせた宮越の右で勝次がダウン。すぐに立ち上がるが、ペースは再び宮越へ。その後も右の打ち合い、右ローで勝次がぐらつくシーンがあったが、終了間際には飛びヒザ蹴りで宮越の動きを止めた。

 5R、逆転を狙い勝次が前に出る。宮越は左フックでカウンターを取りつつも被弾が増える。勝次の左フックで宮越が右目下をカット。勢いづく勝次の右ストレートも宮越をとらえ、腰を落としかける。ラウンド中は勝次の前進が止まらないが、宮越は要所で右をヒットし勢いを中断させる。大歓声の中3分が過ぎ、勝敗は判定へ持ち込まれた。

血のにじむタオルが激闘を物語る

 ダウンの分が影響し、3-0で宮越の勝利。マイクを握った宮越は、まずは「隣(東京ドーム)でやってる嵐のコンサート超えてやろうと思ったけど、だめだったね。嵐強い!」と観客の笑いを誘った。最終ラウンドの勝次を「気迫が半端じゃなくて、気持ちがやられそうになった」と称賛。勝利を拾えたことに安堵の言葉を漏らした。

 かねてより口にしている目標である大晦日のRIZIN出場にも触れ、「一から精進して、大晦日にテレビの前で皆さんを感動させたい」と、改めて目標へ前進していくことを誓った。


REBELS-MUAYTHAI63kg級初代王者を争う稲石(左)と丹羽

▼第10試合 REBELS63kg級初代王座決定トーナメント決勝戦 REBELSルール 3分3R(延長1回) 
○丹羽圭介(35=TEAM KSK)
判定2-0 ※28-27、28-28、28-27
●稲石竜弥(30=TEAM OJ/Bigbang ライト級王者)
※丹羽が新王者

 丹羽の希望からスタートした「REBELS 63kg級初代王座決定トーナメント」は、いよいよタイトルを賭けた決勝戦となった。丹羽が持つ世界観「ニワールド」と、稲石の独特の世界観「稲石ワールド」のワールド対決とされてきた一戦は、前評判通りに激しい世界観のぶつけ合いが展開された。

2R丹羽からダウンを奪い稲石は「トリケラトプス拳」のポーズ

 1R、全身を使うトリッキーな動きで丹羽をかく乱する稲石。丹羽はオーソドックスの構えから右ロー、左ジャブを打ちながら前進する。丹羽の右に合わせた稲石の右フックが顔面をとらえ丹羽ダウン。表情からはダメージが深いことがうかがえる。稲石は那須川天心が見せる「トリケラトプス拳」のポーズを取り、会場を盛り上げる。丹羽が立った後も、右バックハンドブロー、左手をついてのセンチャイキックと稲石が勢いづくが、丹羽はなんとか逃げ切る。

 2R、ペースを握る稲石は、丹羽のパンチの入り際に左フックを合わせる。後退しながら左右フック、時折ボディを見せる稲石に、丹羽は前進しながら右ミドルを放ちプレシャーをかけ続ける。

山口REBELS代表にベルトを巻かれ感極まる丹羽

 3R、丹羽が稲石のフックに右をかぶせる展開になり、稲石に疲れが見え始める。左ジャブ、右ミドルをまともに受けることが増えた稲石はまとまったパンチを被弾するようになり、ロープ際で右フックを受けた稲石はたまらず膝をつきダウンを宣告される。立ち上がったものの最後まで稲石が押される展開のまま試合終了。丹羽が僅差の判定をものにし、初のタイトルを手に入れた。

 マイクを手にした丹羽は感極まり号泣。これまで支えてきてくれたチームの勝利と語り、恩返しができたと喜びのコメントを残した。

▶︎次ページは美女格闘家のぱんちゃん璃奈、老沼、スアレック他

●編集部オススメ

・サムライ・勝次vs忍者・宮越慶二郎は伝説の名勝負となるか=前日計量

・美貌で注目の ぱんちゃん璃奈、計量パスで意気込み「綺麗なムエタイスタイルを」

・”忍者”宮越慶次郎、”侍”勝次とは「激闘になっちゃうかも」

・63kg級初代王座決定戦と老沼がタイ人と初対戦

・日本レースクイーン大賞のグランプリ受賞者がラウンドガールで登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果