TOP > ニュース

【ボクシング】京口紘人が井岡一翔の4階級制覇に刺激「いずれはその域に」

2019/06/20(木)UP

ムエタイ王者・ナコーンに大差の判定勝利、初防衛を果たした京口紘人

 6月19日(水)千葉・幕張メッセで行われたトリプル世界戦『LIFE TIME BOXING FIGHTS.2』で、タナワット・ナコーン(26=タイ/同級10位)に判定勝ちで初防衛に成功したWBAライトフライ級スーパー王者・京口紘人(25=ワタナベ)が一夜明け、東京・五反田にある所属先のワタナベボクシングジムで会見を行った。

 試合後、井岡一翔(30=Reason大貴)が日本人男子史上初の4階級制覇を成し遂げた激闘を、モニターで観てから帰ったという京口は、傷口を隠したサングラス姿で現れ、会見に臨んだ。

タフなナコーン(左)を右ストレートでぐらつかせた京口

 井岡については「ひと昔前なら2階級制覇でもすごいのが最近は何人も3階級制覇、今回は4階級制覇。2階級目で苦労している自分から見たら雲の上のステージでやっていると感じたけど、僕もいずれはその域に行きたいと刺激をもらった」と讃えた。

 まずはライトフライ級で目指す世界最強。強くなるにはパワーだけでは難しい。技術の引き出しをキャリアのたびに伸ばしていくことが大切だと京口は考え、「その点で、自分にはまだまだ強くなれる伸びしろがある」と話した。

●編集部オススメ

・京口紘人がタフなムエタイ王者に手を焼くも判定で初防衛

・京口紘人に挑む、ムエタイ・ルンピニー王者の正体とは

・井岡一翔がパリクテを10R TKOで下し日本人初の4階級制覇に成功

・吉田実代がモートンを圧倒、大差判定でWBO世界王座を獲得

・女子大生ボクサー鈴木なな子、香港戦と母の減量弁当

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース