TOP > ニュース

【RISE】女子優勝候補の小林愛三が当日計量でも2.3kgオーバーで失格、試合は中止に

2019/07/05(金)UP

昨日、1.9kgオーバーだった小林愛三

 7月5日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE133』のミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメント前日計量で1.9kgオーバーだった小林愛三(23=NEXT LEVEL渋谷/初代ムエタイオープン女子フライ級王者)。
 既定の2時間以内にクリア出来なかったため、本日昼に行われた再計量でも2.3kgオーバーで規定の体重をクリアする事が出来なかった。そのため、RISE公式ルールに則り、小林は失格となり、この試合は佐藤レイナ (19=team AKATSUKI/NJKFミネルヴァ アトム級1位)の不戦勝となった。
 このため、佐藤はミニフライ級王座決定トーナメントの決勝戦進出となる。

 49kgまでの-2kgはやはり厳しかったか。体重が軽くなればなるほど、㎏単位の水抜きは難しくなる。次戦KNOCK OUTに出場する女子キックボクサーのぱんちゃん璃奈は昨日の小林の計量失敗に「すっごい明日の楽しみにしてるけど、数時間であと2.15kg落とさなきゃいけないのは。。。すでに水分抜きもしてるだろうし、女子選手は何キロも水分で落とせないと思うんだけど」とツイッターで女子の減量の大変さを伝えていた。

昨日、計量を一発パスした佐藤レイナは不戦勝となった

 小林は『KNOCK OUT』女子部エースとして活躍、強烈な右ミドルと気迫あふれるファイトを武器にデビューから13戦無敗の快進撃。しかし2018年7月に『SHOOT BOXING Girls S-cup』でイリアーナ・ヴァレンティーノ(イタリア)に判定負けを喫したが、今年4月の『KNOCK OUT』ではリベンジを果たしており、今回でも優勝候補筆頭に挙げられていた。

 対戦する佐藤はジュニアキックで活躍後の2014年、高校進学と同時にプロデビューし、同年に早くもトリビュレートのピン級女王に。RISE初参戦の2018年6月には那須川梨々に敗れたが、気迫あふれるファイトで会場を大いに沸かせた。

 佐藤は昨日、小林が体重オーバーで試合が行われるかどうかの中での会見で「無名ですが、佐藤レイナという名前とteam AKATSUKIの名前を皆さんに知ってもらえるようにがんばります」と、試合に向けた前向きな発言を残していた。
 
公式結果
▼第6試合 RISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
●小林愛三(NEXT LEVEL渋谷/初代ムエタイオープン女子フライ級王者)
◯佐藤レイナ(team AKATSUKI/NJKFミネルヴァ アトム級1位)
不戦勝

☆7.5 RISE 全試合順、試合スケジュールはこちら

●編集部オススメ

・【RISE】女子ミニフライ級で小林愛三が1.9kgのオーバー、トーナメント参加へ暗雲

・【RISE】初参戦の『KNOCK OUT』女子エース・小林愛三「殺気バンバンでいく」

・7.5RISE 二冠狙目指す18歳寺山日葵に、無冠の後藤まき「遠慮は不要」=前日計量

・【RIZIN】KINGレイナ1年ぶり参戦、スイス発“腹筋6パック女”と対戦

・井岡一翔の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース