TOP > ニュース 一覧

【RISE】二冠狙目指す寺山日葵に、無冠の後藤まき「遠慮は不要」

2019/07/05(金)UP

J-GIRLS王者の寺山日葵(右)に「遠慮は不要」と後藤まき(左)

 7月5日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE133』の公開計量・記者会見が、4日(木)に都内で行われた。

 第5試合のRISE QUEENミニフライ級(-49kg)王座決定トーナメント準決勝に出場する寺山日葵(18 =TEAM TEPPEN)、後藤まき (RIKIX)は両名とも計量を一発クリアした。

寺山はTシャツ姿で一発クリア

 寺山はJ-GIRLSミニフライ級の王座保持者だが、「伝説のベルトであるRISE QUEEN決定トーナメントに参戦出来てうれしい」と、RENA、神村エリカといったビッグネームが手にしたRISE QUEENのベルトに特別な思い入れを見せ、「決勝戦に登れるようにがんばります」とベルト獲りに意気込みを見せた。

後藤も計量クリアしガッツポーズ

 対する後藤は元KNOCK OUTプロデューサー小野寺力氏が代表を務めるRIKIXの紅一点として鳴り物入りでトーナメントに参加。「4人の中で私だけチャンピオン経験がないんですけど、同じリングに立つからにはチャンピオンになるようにがんばります」と、実績の少なさを認めつつも対等の戦いを見せることを宣言した。

フェイスオフで火花を散らす寺山(右)と後藤

 寺山と向かい合った感想を「寺山選手は10代、なんで肌がきれいだなと思いました」と冗談を飛ばしつつも、「放つオーラみたいなものはチャンピオンだなと思って、とても怖かった」と、臨戦態勢にある寺山の空気を感じ取る。しかしその上で「寺山選手は強豪ですけど、勝つチャンスはあると思っていますので明日すべてをぶつけたいと思います」と堂々と話し、優勝候補の一角と目される寺山へ「遠慮は不要」と言い切った。

 下馬評通りに寺山が決勝にコマを進めるのか、自然体の後藤が実力を発揮し番狂わせを演じるのか、決戦のゴングが待ち遠しい一戦となった。

☆7.5 RISE 全試合順、試合スケジュールはこちら

●編集部オススメ

・【RISE】寺山日葵、高校卒業で毎日ジム通い「今まで一番の仕上がり」

・7.5 女子ミニフライ級で小林愛三が1.9kgのオーバー、トーナメント参加へ暗雲=前日計量

・7.5 女子タイトルに挑む那須川梨々「ジムにベルト3つ並べたい」=前日計量

・MIOが突然の引退表明、足の怪我が影響か

・寺山日葵がMISAKIに涙のリベンジ、那須川天心も大喜びで祝福

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧