TOP > ニュース

【KNOCK OUT】安本晴翔、子供の頃ファンだった駿太にKO宣言

2019/07/06(土)UP

公開記者会見に出席した全選手

 8月18日(日)東京・大田区総合体育館にて開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』へ出場する選手の公開記者会見が、7月6日都内で行われた。

少年時代の安本(右)と一緒に撮影した写真が大反響を呼び駿太(左)は「感慨深い」

 今回最もドラマチックな対戦となるのが駿太(37=谷山ジム)対安本晴翔(19=橋本道場)の一戦。なんと10年前、まだ安本が幼少期の頃に駿太と写真を撮っており、安本がツイッターへアップしたところ大きな反響を呼んでいる。安本は駿太のYoutubeもよく見ているといい、「しゃべりが上手いけど、昔の方が優しい感じだった」と、時を経て駿太の顔が怖くなったと正直に暴露。それを聞いた駿太は思わず「めっちゃかわいいな(笑)」と笑みを浮かべた。

 10年という年月を経て再会、しかも試合相手となることに「60戦やってきて感慨深い試合は初めて」としみじみ語る駿太。尊敬しているがKOすると宣言する安本に、「どんな試合になるか楽しみ。がんばりましょう!」と笑顔で応え、お互いの健闘を誓い合った。

独特の世界観をもつ者同士の戦いはどんな展開が待ち受けるのか

 また、新旧対決と称された丹羽圭介(35=TEAM KSK)対”爆腕”大月晴明(45=マスクマンズ)の一戦について、丹羽は「僕が35歳で大月選手が45歳、合計80年分の集大成の合作がK.O CLIMAXにふさわしい戦いになるように」と意気込みを語った。
 丹羽は”英知の集合体”と称する独特の心技体の世界観「ニワールド」を格闘技に取り入れ戦うが、今回はそれに格闘家の動きをビートとしてとらえる「無双ビート」という新たな要素を取り入れたという。大月もまた独特のリズムで戦うファイターだが、丹羽は「お互いの独特の距離感とリズムの戦いになる」と試合の展開を予想してみせた。

至近距離の左フックでKOする丹羽(右)

 対する大月は丹羽の試合を何度も生で見ていると言い、「日本拳法の動きを使ってキックで結果を出している。日本拳法家と試合をするのは初めてなので楽しみ」と、対戦を歓迎。「45歳なので全盛期のような動きはできないけれど」と謙虚に前置きつつ、「いろいろ研究はしているので、一瞬も目を離さずに見てほしい」と一撃決着を予感させるコメントを残している。

☆この試合の対戦カード、チケット、試合スケジュールはこちら

●編集部オススメ

・日菜太、キックの認知度UPに「ブーイングされても」新日本プロレスの東京ドーム参戦を目指す

・ぱんちゃん璃奈と祥子がOLスタイルで対面、ハイヒールでリーチ差読めず

・”天才”安本晴翔の相手が”鉄腕”駿太に決定=全カード決定

・”爆腕” 大月晴明が1年ぶりの参戦、REBELS王者・丹羽圭介を迎撃

・人気グラドル大貫彩香、キックでシェイプすると観るのも楽しくなる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース