TOP > ニュース

【海外ムエタイ】44・ユウがラジャダムナン4戦目、松井蓮汰も約1年ぶり参戦

2019/07/09(火)UP

ラジャダムナン4戦目が決定した44・ユウ(左)と、約1年ぶりの参戦となる松井蓮汰

 2019年7月21日(日)ウォーワンチャイプロモーションより、44・ユウ(REVAIVAL-GYM/スック・ワンキントーン スーパーバンタム級王者、元MuayThaiOpenバンタム級王者)と松井蓮汰(TEAM MUSOU)の2名がラジャダムナンスタジアム、スックワンギントンに出場する。

 44・ユウは、2019年6月『スック・ワンキントーン』(後楽園ホール)でスーパーバンタム級タイトルマッチに勝利、この大会から新設されたタイトル「スック・ワンキントーン」の同級王座に就いた。
 ラジャダムナンには2019年3月17日以来の参戦。前回の試合では初回にラッキーパンチでダウンを取られる。その後、破壊力満点の強烈な打撃の数々で中国人の相手を圧倒するも、初回の失点が尾を引き判定負け。最終ラウンドに相手のボディーも効いていただけに勿体ない負け方だった。
 今回も剛腕ぶりをみせてくれるだろうが慎重に勝ってほしい。

絶妙なタイミングで蹴りを入れる松井

 松井蓮汰は2018年8月13日以来のラジャダムナン参戦だ。この時は試合前半に相手へローキックを効かし、相手が組んできても、びくともせずに終始試合の流れを制覇した判定勝利。
 松井の攻撃は前蹴りやハイキックと多彩な足技が特徴だが、特にこれらの蹴りのタイミングが絶妙であり、今回の試合でも、前戦からの進化ぶりが期待される。

 両選手より、試合前の意気込みの声が届いている。

ユウは「日本人としての意地を見せて勝つ」と意気込む

 44・ユウ「今回ラジャ4戦目になりますが、ここまでこれたのも会長やチャイプロモーター、スポンサー様後援会の皆様のおかげです。今回は前回の失敗をしっかり修正し、平日興行に出れるような試合に近づきたいです。日本のスックワンギントン王者(=スック・ワンキントーン王者)という自覚を持ち、日本人としての意地を見せて勝ちます。スックワンギントン日本王者のベルトの価値や自分の価値を上げる試合にします。応援をよろしくお願いします。」

 松井蓮汰「久々のタイでの試合でとても楽しみです。試合に向けてトレーナーから注意点や技術面を教わっているので、前回よりも成長した自分をみせたいです。タイ関係者の目に留まるような良い試合をして、早く平日興行に上がれるよう、頑張ります。日本からの応援をよろしくお願いします。」

(写真、取材 Hiroshi Soda 早田寛)

『スックワンギントン』
2019年7月21日(日・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第4試合 123P契約
ユウ・ウォーワンチャイ(44・ユウ/REVAIVAL-GYM/スック・ワンキントーン スーパーバンタム級王者、元MuayThaiOpenバンタム級王者)
vs
ガンペン・ワンパイリン

▼第9試合 130P契約
レンタ・ウォーワンチャイ(松井蓮汰/TEAM MUSOU)
vs
ジンルイ・メッグムエタイ

●編集部オススメ

・44・ユウがスック・ワンキントーン スーパーバンタム級初代王者に(ページ下部)

・松井蓮汰がラジャ初出場でイギリス人選手に勝利

・石井一成、WBCムエタイ世界王座の挑戦が決定、相手はIBFを争ったムエタイ強豪

・【シュートボクシング】7.21 未奈の対戦相手はボクシングで来日経験もあるムエタイ王者

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈と祥子がOLスタイルで対面、ハイヒールでリーチ差読めず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース