TOP > ニュース

【ボクシング】村田諒太、ブラントに15秒目線そらさず「これだけ自信を持って臨めるのは初めて」

2019/07/11(木)UP

両者視線をそらさないフェイスオフ

 7月12日(金)、エディオンアリーナ大阪で開催される『WBA世界ミドル級タイトルマッチ』に臨む王者のロブ・ブラント(28=米)と挑戦者で同級3位の村田諒太(33=帝拳)が11日、大阪市内で前日計量を行った。

 村田がリミットの72.5kgを200g下回る72.3kg、ブラントが300gアンダーの72.2kgで両者ともに一発クリア。その後、15秒にもわたろうかというフェイスオフでは、2人とも視線を外さず気合十分であることを覗わせた。

 無事計量を終えたブラントは「村田の体調は良さそうで、良い試合が出来ると思う。それは喜ばしいこと。フェイスオフでムラタの表情を見て準備ができているなと思った。エキサイティングな気持ちになったよ」と、先ほどのフェイスオフで闘志を高めたようだ。リカバリーには「ヌードルが良いね」と麺類を希望し会場を後にした。

絶好調のキレキレな身体で計量

 リベンジに燃える村田は「敵地で戦う時は日本人に見られていないというプレッシャーから解放される。国内だと見られるというプレッシャーがあるが、自分はそっちの方が良い。プロに入ってこれだけ自信を持って試合に臨めるのは初めてなので、明日は全力を尽くして必ず勝ちます」と絶好調の様子だ。

 前回はアメリカ・ラスベガスで、ブラントに完敗したと言っていい内容だった。9ヶ月ぶりのホームでのリマッチは、プレッシャーをも味方につけ再び王座を手にすることが出来るか。

取材:写真=植田洋介

●編集部オススメ

・村田諒太がベガスで王座陥落、ブラントに判定負け

・村田諒太、ブラントとの再戦へ「足の動きを重点的に」

・新王者ブラント、村田戦のタフさは「マウント・チャールストン」での走り込み

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

・村田諒太「アウトボクサー・ブラントに強打を何発当てられるか」練習にも自信、前回のヒット数は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース