TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】村田諒太”慣れない全力連打”も、今後は連打想定に取組む

2019/07/13(土)UP

大阪市内のホテルで一夜明け会見に臨んだ村田諒太

 7月12日(金)、エディオンアリーナ大阪で『WBA世界ミドル級タイトルマッチ』が行われ、王者のロブ・ブラント(28=米) を2回2分34秒、TKOで下し、ベルト奪還に成功した村田諒太(33=帝拳)が大阪市内にホテルで13日、一夜明け会見を行った。

 2R中盤に右フックでダウンを奪い、その後、約1分に及ぶ全力での怒涛のラッシュで勝負をかけブラントをTKOに追い込んだ村田。昨日の試合を振り返り「パワーがあったと思うし、これまでプロ17戦のキャリアの中でもっとも良かったと思う」と上出来だったと説明。

2Rでダウンを奪った村田諒太

 2Rにダウンを取ってからの全力ラッシュについては「慣れない連打で腰が少し痛いが、これから連打のシュチュエーションも想定しながら練習に取り組もうと思う」と普段をじっくり相手を見てカウンターの一発で勝負に行く村田とは一転の手数の多さ、流石にあそこまでの全力の連打は想定外だったようだ。

 勝因については「ハードな練習と周りのサポート、そして少しの運」と説明。練習では前回の見直しと徹底した改善を行い、課題でもあった相手に身体を起こされない(顎が上がるなどして腰が浮かない)練習も積み、どんな状況でも重心を落としパワーパンチの安定化を計った。

村田が怒涛の全力ラッシュを見せた

 運といえば、ブラントは昨日の試合後に「序盤から攻めすぎたのがミスだったのかもしれない」と作戦失敗を示唆。接近戦は村田の距離となり強打を多く浴びた。実力が伯仲したトップ選手同士だと特に作戦ひとつで大きく勝敗が左右する。更にブラントは「間合いが掴みきれなかった」とも。そのブラントの作戦ミスを見逃さず攻め入った村田、チャンスは運もあるが、1分のラッシュを続けたスタミナと、そこで的確に打ち抜き仕留めたのは練習の賜物だろう。

 今後については「モチベーションが高く保てる試合を望みたい。プロになるときも帝拳プロモーションにお世話になると決めてきたので、これから先も会長が決めてくださった試合を確実にこなしていきたい」と意気込んだ。

●編集部オススメ

・村田諒太がブラントの”危うい”パンチ力に勝てた理由

・村田諒太が怒涛の1分ラッシュでTKO勝利、ブラントからベルト奪取

・村田諒太、ブラントに15秒目線そらさず「これだけ自信を持って臨めるのは初めて」

・前回の試合=村田諒太がベガスで王座陥落、ブラントに判定負け

・井岡一翔の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、ミスマガジンの岡田佑里乃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧