TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】勝敗を分けた村田諒太の変化とブラントの闘志、ベストショットも(カメラマン福田直樹の目)

2019/07/16(火)UP

ブラントに右フックを叩き込む村田諒太(右)

 712()、エディオンアリーナ大阪で『WBA世界ミドル級タイトルマッチ』が行われ、王者のロブ・ブラント(28=) を2回2分34秒、TKOで下し、ベルト奪還に成功した村田諒太(33=帝拳)

 その村田の練習に毎週取材で通い、リングサイドではファインダー越しにシャッターを切ったBWAA(全米ボクシング記者協会)最優秀写真賞を4度獲得している、ボクシングカメラマン兼ライターの福田直樹氏の手記と今回のベストショットを紹介したい。

【ボクシングカメラマン  福田直樹の目】

福田さんお気に入りの1枚。シャッタースピード1250分の1の世界

 試合当日、私のカメラマンポジションは王者コーナーの近くに位置していた。それでよく分かったのだが、開始ゴング直前のブラントは、やり過ぎと思えるほどの闘志をその顔に示していた。そして、そのままの勢いで先制のアタックを仕掛けていく。前回以上のスタートダッシュで村田の立ち上がりを抑え込めば、いけると踏んでいたのだろう。

 しかし、対する村田の前進力と今回の手数は、それをさらに上回っていた。ひとしきりすると、踏み込みの利いた強い右ストレートに左フック、効果的なボディブローを次々と繰り出して逆にブラントを萎縮させ、早々に距離を詰めてしまった。自信満々だったはずの王者の表情が一変し、驚きと動揺の色があからさまに浮かんでいた。「早いラウンドでいけるかもしれない」とファインダー越しに胸が高まったのもこの時である。

練習でも徹底して練習したボディが試合で鍵を握った

 今回の試合を控えた村田の練習取材に毎週のように通ってきたが、その中で感じた”スタイルの変化”と本番での戦い方はほぼ一致していた。ジムワーク時の前王者も、過去の数戦と違って明らかに手数を増やしていた。

 下半身が安定していて圧力が強く、ここぞという時には徹底してボディを連打。チャンスを想定しての詰め寄り方、重心を沈めたラッシュには、ロープの外にいるこちらの腰が引けてしまうほどの迫力があった。主武器の右だけでなく返しの左フックも冴えていたから、それも意識して撮らなければならなかった。手数とテンポの良さにつれらて、取材のたびにシャッター数が通常よりずっと多くなったのを記憶している。

ほぼ棒立ちのブラントに追撃の右を叩き込む村田諒太

 不利という声が多かったダイレクトマッチで、その新たなスタイルを実践できていたのはアマチュア時代からの豊富な経験と学習力、チーム力のなせる技に違いない。加えて入場時の鋭い眼差しには、この再戦に臨むにあたっての並々ならぬ決意もうかがえた。それらすべてがうまく連動して、1ラウンドから最高の流れになったのだと思う。

 2ラウンド、ダウンを奪った後の追撃ではその”決意”の方が試された。タイミングを逸したのか、王者が防戦一方になってもなかなかストップしないレフェリーと、グロッキーになりながら意地で2度目のダウンを拒み続けるブラント。横目でブラントのコーナーを見ると、セコンドは判断を迷っている様子だ。ここで終わらせると決めた前王者を中心に、三つ巴、四つ巴の我慢比べになっていたわけだが、村田の気迫が圧倒的に勝った。5分34秒に凝縮された熱戦の中で、一生忘れないとてつもないドラマを撮影することができた。

●編集部オススメ

・村田諒太が怒涛の1分ラッシュでTKO勝利、ブラントからベルト奪取

・メキシコボクシング誌で異例の大抜擢! カメラマン福田直樹氏が表紙で登場

・村田諒太がブラントの”危うい”パンチ力に勝てた理由

・前回の試合=村田諒太がベガスで王座陥落、ブラントに判定負け

・井岡一翔の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、ミスマガジンの岡田佑里乃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧