TOP > ニュース 一覧

【BOM】7月大会の全試合順決定、大田原友亮、柿沼慶、奥脇一哉らが参戦

2019/07/19(金)UP

WMC日本王者・柿沼(右)の世界ランキング戦がメインに抜擢

 7月21日(日)に東京・新宿FACEにて開催される『BOM SEASONⅡvol.4』の全対戦カードが発表された。

 メインイベントはWMC世界スーパーウェルター級ランキング戦。第2代WMC日本ウェルター級王者・柿沼 慶(ポゴナクラブ)がMANOLI MICHALIS(シリラックムエタイジム)との一戦を迎える。

 柿沼は2018年12月にWMC日本ウェルター級王座を獲得。パワフルなパンチと闘争心あふれるファイトスタイルで試合を盛り上げる。対するMANOLIはキプロス出身のムエタイファイター。タイの人気テレビマッチ「マックスムエタイ」において、長いリーチを武器に活躍を見せている。柿沼は世界への足掛かりに、実力を試される一戦となる。

苦戦が続く大田原(左)が復活を懸け國本と対戦

 第7試合には”和製ムエタイ” 大田原友亮(B-Family Neo)が登場。國本真義(命武会)と対戦する。大田原は中学生のころからタイを主戦場とし、数々のタイトルを獲得してきた筋金入りの和製ムエタイ。しかし今年6月の「Bigbang」では初回49秒のショッキングなKO負け。再起戦となった同6月のマックスムエタイでは、58kgという重い契約での一戦に臨み、2RにKO負けを喫した。今回はベスト体重といえる54kg契約で復活の狼煙を上げることができるか。

 その他、知花デビット(エイワスポーツジム)、奥脇一哉(エイワスポーツジム)らが出場。全11試合がラインナップされている。

▶全試合順、大会スケジュールはこちら

●編集部オススメ

・”和製ムエタイ”大田原友亮、再起戦で階級上の相手にKO負け

・柿沼慶がパンチでKO勝利(記事中段)

・スアキムが那須川との前哨戦で4度のダウン奪いKO勝利、名高は階級上げ勝利

・吉成名高がIBFタイトル戦決定、勝てば二階級制覇=7.18ラジャダムナン

・名高、快挙達成をアントニオ猪木に報告「いずれ世紀の一戦を」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧