TOP > ニュース

【RIZIN】扇久保博正の対戦要求に、元谷友貴「忘れていた」と天然返し

2019/07/27(土)UP

5年前に扇久保(左)から元谷(右)が対戦を呼びかけたときから両者の因縁は始まった(c)RIZIN FF

 7月28日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.17』に出場する選手たちの個別インタビューが、26日(金)都内で行われた。

 第10試合にRIZIN MMAルール5分3Rで対戦する初代・第3代DEEPフライ級王者・元谷友貴(29=フリー)と修斗2階級制覇王者・扇久保博正(32=パラエストラ松戸)がインタビューに答えた。

 この両者は、2014年10月の「VTJフライ級トーナメント」で扇久保が優勝した際、元谷へ対戦アピールを行ったことから因縁が始まった。その時には対戦は実現せず、その後も実現の兆しは見えなかったが、今年5月に扇久保が修斗世界フライ級王座の防衛成功時に、「RIZINでのやり残し」として再び元谷との対戦を直訴。それを受けたRIZINがマッチメイクを実現させ、扇久保の5年越しの念願が叶うこととなった。

修斗を背負い戦う扇久保(右)は間合いに”自信あり”

 改めて扇久保は元谷との対戦を「ずっと戦いたいと思っていた」と、熱望し続けていたと告白。「全て強い最高の選手」と最大限の称賛を送り、「負けた方が全部取られるリスクある試合になるので、ヒリヒリした試合を見せたい」と意気込みを語った。

 それに対し元谷は「VTJの時に声をかけられていたのを忘れていた」と、扇久保から「変わっている」と評された天然ぶりを発揮。しかし「やりたい相手だった。相手(扇久保)も全局面で勝てると言っているので、(自分が得意とする)打撃で倒したい」と、難敵相手の一戦に意気込みを見せた。

打撃を得意とする元谷(右)はDEEPを代表して「倒しに行く」

 元谷はDEEP、扇久保は修斗の看板を背負って挑むこの一戦。元谷が「DEEPとして勝ちたい」という意思を見せれば、扇久保も「修斗を背負って必ず勝つ」と意気込む。5年前よりも背負うものが大きくなっての一戦に、両者とも強い責任感を持っていることを感じさせた。

「倒しに行くスタイル」と打撃での決着を目論む元谷に、「間合いには自信がある」と空間を支配する狙いの扇久保。バンタム級における最上級の一戦は、どちらに軍配があがるか。

☆7.28大会情報、対戦カードはこちら

●編集部オススメ

・扇久保博正「打撃、寝技、譲る気なし」DEEP王者・元谷を撃破宣言

・【VTJ】優勝した扇久保がDEEP元谷に宣戦布告=2014年10月

・2年ぶり大みそか出場の元谷友貴が鮮やか一本勝ち

・スリムなKINGレイナが打撃でKO宣言、エッガーも「早い段階で終わらせたい」と自信

・グラマー童顔のRIZINガール・川村那月がDVDイベント、 ファイターとしてリングインも夢!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース