TOP > ニュース

【RIZIN】スリムなKINGレイナが打撃でKO宣言、エッガーも「早い段階で終わらせたい」と自信

2019/07/26(金)UP

中学1年ぶりの体重まで減量したというKINGレイナ、しかし二の腕が逞しい(c)RIZIN FF

 7月28日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.17』に出場する選手たちの個別インタビューが、26日(金)都内で行われた。

 第2試合に登場するKINGレイナ(23=FIGHTCLUB 428)インタビューに臨んだ

 レイナは柔道をバックボーンに、日本人選手層の薄い女子重量級で2016年にプロデビュー。一本勝ちやTKO勝利を連発し、ビッグマウスも相まって人気選手に。今年3月の『DEEP JEWELS』では1R25秒でKO勝利を収めている。

まるで別人、美人、と話題になったKINGレイナのある写真

 この試合に向け9kg減量したレイナは何と10年ぶりの体重に戻ったという。
「まともな減量というか、72kgから減量し始めて、中学1年ぐらいぶりの体重なので、最初は体重落ちるかな、ということで頑張りましたけどやってみたら、思ったより落ちるなっていう感覚もありました。コンディション的にも悪くないですし、いつも以上にスピードのあるいい動きができるんじゃないのかな、と思います」」と身軽さをアピール。
9kg減量(72kg→63kg)した一番の目的を聞かれると
「最終的にはUFCに出たくて61.2kgに落としてやるのが最終的な体重だとは思っています」と大きな目標を語ったが「まだ早いと思ってて、まだ65kgで1試合ぐらいしたかった。早すぎたかな」とまた65kgで試合をする可能性も示唆した。

 今回の対戦相手はスイスのステファニー・エッガー(30=Buddy Gym)。SNSで割れた腹筋をアピールするスイスのエッガーだが、実力も本物で、柔道では10代から国内、欧州、国際大会と数々の大会で入賞を果たすなど活躍。15年9月にMMAデビューし、ここまでMMA戦績は4戦3勝1敗。3つの勝利は全て1RでのTKOと一本勝ちで、柔道技だけでなく打撃の腕も日々磨いている。

今年3月には67.25kgで試合に臨んでいたKINGレイナ

「相手は組み技が得意というけど、それが映像からは見られない。柔道上りというけどグランドポジションになると相手を逃がしちゃってるので詰めが甘いんじゃないかな、と思う。(注意すべきところは)右足出してフック打ってくるくらいかな。他には無いけど、唯一私より手足が長いので、そこを有利に使われないように注意します」とレイナ。

 勝つイメージについては
「私も相手も柔道上がりですが、私はいま所属しているジムが打撃のジム。キックボクシングの練習を寝技よりも多めに練習して圧倒的に打撃が上達しているので、キックよりパンチで倒せるのではと思います。むしろ倒します」とKO宣言した。

 対するステファニー・エッガーもインタビューに臨み「私の持っているのもはすべて出す。グラップリングもそうだけど、立ち技も見せたい。できるだけ早い段階で終わらせたい。すべての面において彼女を上回っている」とレイナに勝つ気満々だった。

▶大会情報はこちら

●編集部オススメ

・まるで別人、KINGレイナが史上最軽量に「相手の先へ動く」

・KINGレイナ、”スイス発”腹筋6パック女を「ボコボコにする」

・KINGレイナ1年ぶり参戦、スイス発“腹筋6パック女”と対戦

・KINGレイナが計量パス「豊富な寝技特訓の成果見せたい」

・KINGレイナ、変化した肉体で計量クリアー「今回はパンチでKO」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース