TOP > ニュース 一覧

【K-1】8.24 大岩龍矢が武尊と渡米合宿でスタミナ強化、皇治戦に「爆発的なKOを見せる」

2019/07/29(月)UP

武尊と渡米合宿でスタミナ強化しKO宣言が飛び出した大岩

 824()エディオンアリーナ大阪(1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・55&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」のメインで皇治と対戦する大岩龍矢が公開練習を行った。

 公開練習ではトレードマークの鎖を外してミット打ちを行いつつ、終了間際に後輩の亀本勇翔に鎖を渡されて、鎖を首に巻いてミット打ちを行い「芦澤戦が終わってすぐ試合が決まったんで、めちゃくちゃ調子は良いですね」と連戦で質の高い練習を続けることができている。

首に鎖を巻いたままミット打ちを見せた大岩

 カード発表会見の翌日かはら盟友・武尊と共に渡米。アメリカでは武尊からも課題だと指摘されていたスタミナ面の強化に取り組んだ。

「武尊から試合(芦澤戦)が終わったら一緒にアメリカに行こうよと誘われていて、実際に行ってみてむっちゃ良かったですね。正直僕はリフレッシュのつもりで行ったんですけど、思ったより武尊が本気で(苦笑)。でも渡米前に皇治戦が決まっていて、武尊や色んな人からアドバイスをもらって充実していました。武尊にもよく『龍矢はスタミナがあれば強いよ』と指摘されて、自分の課題はスタミナなので、スタミナ強化のための合宿になりました。アメリカでWILD CARD BOXING CLUB(マニー・パッキャオが練習拠点としている名門ジム)に行った時に、一緒にいたボクシングの選手に『スタミナを課題にすんじゃねえ!』と怒られましたけど(苦笑)、アメリカ合宿で3R通して自分の爆発力を維持できるスタミナがついたと思います」。

通常の練習では試合同様にもちろん鎖は巻かない

 このカードがメインイベントとして発表された際には、会見での皇治の発言も相まって様々な意見が飛び交った。そのなかには否定的な意見もあるが、大岩は試合内容でそれを覆すつもりだ。

 会見では皇治の挑発を受け流しているようにも見えたが「皇治選手はファンへの感謝や自分が背負うものを人に伝えるのが上手い。そこは本当に見習うべきだと思いました」と皇治のトーク力を認める一方「試合内容は正直あんまり面白くない。会見が面白いんで会見が先行している感じがある」と皇治のファイトスタイルを切り捨てる。

 そのうえで「自分は打ち合いに行くし、絶対に下がらないんで、そんな皇治選手でも自分とやれば自然と面白い試合になる」と自分の力で試合を面白くすると語った。

 また大阪は皇治の地元で、大岩にとっては完全アウェーとなる。しかし大岩はアウェーでの試合も楽しんだうえで皇治をマットに沈めると宣言した。

「試合が決まった時の会見も大阪で、めっちゃアウェー感を感じました。でも今はそのアウェー感すら楽しみですね。ちなみに武尊に『アウェーの大阪はどうだった?』と聞いたら『効いてない攻撃でも沸くから、それがちょっと嫌だった。でも龍矢は馬鹿だから相手の声援も聞こえないでしょ』と言われました(苦笑)。だから試合中はアウェーとか感じてないかもしれないです。とにかく試合のテーマは圧勝。KO勝ちしかないと思っています」

 最後に「メインイベントなので責任ある試合になると思うし、KO勝ちを見せなきゃいけないと思ってます。爆発的な試合をするので、見た人を後悔させません。ぜひ会場に来て応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った大岩。スペシャル・スーパーファイト in 大阪」と銘打たれた皇治との一戦を制することができるか?

写真=(C)M-1 Sports Media

▶8.24 K-1 WORLD GP 2019 JAPANの全対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】皇治、対戦相手が大岩龍矢で「ファンに謝りたい」、大岩「KO勝ちして黙らせる」

・大岩龍矢が2度のダウンを奪い悪童・芦澤竜誠との再戦を制す(動画あり)

・武尊vs皇治、公開調印式で一触即発「殴ってみるか?」(皇治)「叩き潰す」(武尊)

・武尊が大激闘で2度のダウンを奪い皇治を撃破、ファンの声に「必ず実現させる」

・暴言、乱闘の規制に警戒の会見、城戸康裕「乱闘してないけど多分僕が罰金」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧