TOP > ニュース 一覧

【K-1 KRUSH】元KRUSHバンタム級王者・軍司泰斗と世界T3位・玖村修平が再起戦で激突

2019/08/15(木)UP

8カ月ぶりに復帰する軍司泰斗と玖村修平が対戦決定

 1013日(日)東京・後楽園ホールにて行われる『K-1 KRUSH FIGHT.106』のカード発表記者会見が89日(金)都内で行われ、スーパー・バンタム級で第2K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者・軍司泰斗(20K-1ジム総本部チームペガサス)と玖村修平(22K-1ジム五反田チームキングス)の対戦が発表された。

 軍司は、自身が獲得していたK-1 KRUSH FIGHTバンタム級王座との2階級制覇をかけて、昨年に開催された第2K-1 KRUSHFIGHTスーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場。順調に勝ち上がり決勝に進出するも、今年2月の決勝戦では修平の弟・将史に判定で敗れ、この試合で顎怪我して長期欠場を余儀なくされて、今回が約8カ月ぶりの復帰戦となる。

 玖村は3月の「K’FESTA.2」で無敗のゴールデンボーイ・金子晃大と対戦して、ダウンを取り合う激戦を繰り広げるも延長戦の末に判定負け。6月のK-1両国大会ではK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントに抜擢され、一回戦を突破したものの準決勝で現K-1 WORLDGPスーパー・バンタム級王者・武居由樹にKO負けを喫して今回が再起戦となる。

玖村修平の弟・将史(右)のパンチが軍司の顎にヒット(左・19年2月)

 軍司は「2月の試合で怪我して試合できない期間が長く続きました。その間にK-1でトーナメントもあり怪我もあって出ることが出来なくて、悔しい思いで我慢していた気持ちがあるので、今回の試合でまた一からスタートできると良いなと思っています」と復帰に向けて意気込む。

 対する玖村は「僕はK-1の舞台に3回連続で出させてもらって、結果こそ残せてないですけど、凄く良い経験を積ませてもらいました。次は自分が納得いく相手じゃなくてもやろうと思っていたら、この階級トップの軍司選手と試合が決まって嬉しく思います」と目を輝かせ、「この試合がK-1 KRUSH FIGHTの年間ベストバウトを獲れるぐらいの試合をできるのじゃないかと思うので、楽しみにしていてください」と激闘を予感させる。

 さらに、軍司に勝利している弟・将史には負けられないとし、「最近は弟と実力でも結果でも差を見せられている部分もあるし、ここは僕が弟以上の勝ち方をして勝たないと兄貴として顔が立たない」と兄としての覚悟をリングで見せると宣言。軍司はトップ選手と讃えながらも「僕が負けた相手にリベンジするためにもここは負けられない」とこの一戦をクリアーして次に進むと誓う。

今年6月のK-1世界トーナメント一回戦では、パンチで対戦相手を2度ダウンさせた玖村修平

 お互いの印象について聞かれると、玖村は「パンチが強い印象です。僕も軍司選手の流れに乗っちゃったらパンチでやられてしまうと思いますが、穴はたくさん見えています。今回は蹴りで穴を突いていきたいなって思っています」と弱点を見つけた上で、軍司のパンチを蹴りで迎撃するという。

 一方軍司は「蹴りもパンチもできるバランスの良い選手だと思います。弟と違って試合中の試合運びも冷静に戦っているように見ていて思うので、そこをどう崩していこうかなって感じです」と玖村を認めた上でこれから穴を探っていくようだ。

 最後に玖村は「KRUSHに初参戦したのが1年半前で、それ以来の後楽園ホールでの試合です。凄く楽しみに思いますし最高の試合ができると思っています。さっきも言った通り年間最高試合を狙えるような試合をしたいです」、軍司「8カ月ぶりぐらいの試合になると思うので、良い結果を残して爆発できる試合にします。お互い崖っぷちで、その気持ちの部分も見えると思うので、そこも楽しみに見ておいてください。応援よろしくお願いします」とお互いファンにメッセージを送った。

●編集部オススメ

・武居由樹が圧勝KOで玖村修平を下して決勝進出

・不可思とメンチ切り男・堀井翼の異色カードが決定

・打たせずに打つ、技巧派・玖村将史が新王者に

・流血TKO負けの不可思、異議申し立てせず「楽しかったからなんでもいいよ」

・セクシー衣装の元K-1ガールズ松嶋えいみ“神ボディ”を保つ秘訣は空手と有酸素運動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧