TOP > ニュース 一覧

【ムエタイSF】”ルンキットの兄貴分”の出場が決定、地元名古屋の匡志YAMATOが迎撃

2019/08/26(月)UP

”ルンキットの兄貴分”を迎え撃つのは地元名古屋のNJKF王者匡志YAMATO(右)

 10月6日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて開催される『Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.6』の対戦カードが発表された。

 日タイ国際戦に新たなカードが追加。NJKFスーパーウエルター級王者・匡志YAMATO(まさし・やまと/29=大和ジム)が元ルンピニーランカーのペットワンロップ・ヨータラックムエタイ(25=タイ)と対戦する。

 ペットワンロップはプーケット出身の25歳。「RISE WORLD SERIES 2019」に出場し、-58kg級トーナメント準決勝で志朗(BeWELLキックボクシングジム)と対戦した前ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級王者ルンキット・ウォーサンプラパイと共にトレーニングを積む。先日の「RISE WORLD SERIES 2019」ではルンキットのセコンドを務めた”兄貴分”だ。サウスポースタイルからの左ミドルを武器にTVマッチで活躍。ルンピニースタジアムでは過去スーパーウェルター級7位にランクしたこともある強豪だ。

匡志(左)は強打を武器に昨年5月NKJF王座を獲得、目指すはWBC統一王座

 対する匡志は昨年5月に変わり者(東京町田金子ジム)を下しNJKFスーパーウェルター級王座を獲得。9月の「Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.5」ではラジャダムナンランカーのジョンホード・チューワッタナを3RKOで下し地元名古屋のファンに実力を見せつけた。満を持して挑んだ12月のWBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級タイトルマッチではYETI達朗(キングジム)に1RTKO負けを喫し王座獲得を逃したが、今年5月にはISKAメキシコ ミドル級王者のトニー・アマヤ (メキシコ)を判定で下し再起を果たした。

“ルンキットの兄貴分”が本場ムエタイの強さを見せつけるか、匡志YAMATOがWBC王座獲得に向け勢いをつけるか、注目の一戦だ。

 なお、当初出場が発表されていた現ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級王者サオトー・シットシェフブーントゥム(タイ)は、10月20日(日)の新日本キックボクシング協会興行へ出場のため、本大会への出場は見送られることが発表されている。

☆10.6 ムエタイスーパーファイトの対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・ムエタイ軽量級最強のルンピニー王者が名古屋に降臨、福田海斗と対戦決定

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

・海人破ったチャムアックトーンが電撃参戦、地元愛知の増井侑輝が迎撃

・日本で稀な100kg超級ムエタイマッチが決定、タイ人元王者に日本の実方が挑む

・YETIのWBC王座に挑むも匡志YAMATOが1RTKO負け=2018年12月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧