TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】五輪目指した元プロ世界王者・高山勝成、予選敗退で引退へ

2019/08/31(土)UP

五輪を目指しアマチュアボクシングに挑んだ高山だったが予選で敗退した(写真は16年1月の試合)

 8月31日(土)、岐阜県の岐阜工業高校内で行われたWBA、WBC、IBF、WBOの元プロボクシング世界ミニマム級王者、高山勝成(名古屋産業大学)の「2019年全日本選手権・東海ブロック予選」のフライ級1回戦は、3対0の判定で相手の宇津輝(日本大学)が勝利した。

 先月、この愛知予選を通過した高山に対して、宇津は三重県の代表。名門、日大ボクシング部で練習する左ボクサーファイターだ。

大物・高山に勝利して嬉しそうな宇津とセコンドの片山太一郎監督

 判定ではジャッジ3者からそろって29対28で支持され、大物に競り勝った宇津は「高山選手のことはテレビで観ていた。いざ向き合ったら、強い圧力と気持ちを感じた。その影響で後半失速してしまったので、判定はわからないと思っていた。明日の決勝に勝たなければ本戦にいけないので気は抜けないが、ひとまず貴重な経験になった」と感慨深そうだった。

 一方の高山は詰めかけた報道陣に、選手登録前から応援してくれた支持者への感謝を示し、今後の活動に関しては「これでひと区切り」とコメント。教員を目指す意向を示唆した。

●編集部オススメ

・プロ格闘家でもボクシングで五輪目指せる、日本ボクシング連盟が発表した参加条件

・元祖アイドルボクサー宮尾綾香が待望の世界王座統一戦

・井上尚弥vsドネアのWBSS決勝が、11月さいたまSAに正式決定「歴史的瞬間を見届けてくれ」(井上)

・井岡一翔戦のラウンドガール、目立ちすぎた経緯を説明

・山根明元会長が新団体設立へ「非公認だからこそ夢を感じたんや」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧