TOP > ニュース 一覧

【世界柔道】団体戦は日本優勝で安倍総理がプレゼンター「来年が待ち遠しい」

2019/09/02(月)UP

プレゼンターの安倍総理が優勝した日本選手団と写真に収まる

 9月1日(日)、日本武道館において世界柔道選手権・東京大会の8日目が行われた。
 男女混合の団体戦(6人制)では決勝戦でフランスと対戦し、先鋒の影浦心の延長戦での一本勝ち、次鋒の芳田司は一本負けとなるも、中堅戦では大野将平が秒殺での一本勝ちなどで日本が勢い付く。三将戦では新井千鶴が今回の個人戦で優勝したガイエを一本で破り優勝に王手、しかし副将戦でフランスのクレルジェが三角締めの一本勝ちで追い上げ、3(日本)−2に。続く大将戦で濵田尚里が一本勝ちで勝利し、強豪フランスを4−2で下して世界選手権の男女混合団体戦で日本が3度目の優勝を決めた。

日本武道館のオーロラビジョンを見ながら観戦する安倍総理

 この決勝戦前に大会名誉会長の安倍晋三総理が来場。国と国をかけたこれまでの個人戦以上の盛り上がりを見せた会場で、一戦一戦興味深く観戦。優勝が決まった瞬間に拍手を送り、表彰式では日本選手団へのプレゼンターを務め、日本選手団とともに笑顔で写真に収まった。

 その後、安倍総理がツイッターに投稿。

トロフィーを授与した安倍総理

「世界柔道選手権が行われている日本武道館で、東京オリンピックから新たに加わる種目の男女混合団体戦を観戦しました。日本チームがフランスとの決勝を制し、圧巻の優勝でした!」と感激の報告。

 さらに「来年が本当に待ち遠しい。がんばれ!ニッポン!」とツイートを写真付きで連投した。

 東京五輪の柔道競技は同じく日本武道館で2020年7月25日から8月1日まで行われる。柔道男女混合団体戦で初の五輪優勝を日本が取ることができるか期待される。

●編集部オススメ

・【世界柔道】日本が決勝で強豪フランス破り団体戦3連覇を達成

・【柔道】”モデルでも注目” 世界連覇の18歳ビロディド、次は夢の東京五輪へ

・【世界柔道】世界2連覇の阿部詩は外国人無敗、“完璧な”怪物目指し進化中

・【世界柔道】女子19歳の新星・素根が初出場で金メダル

・【柔道】世界初制覇の出口クリスタ、総合格闘技や北斗の拳も好きな日本育ちのハーフ美女

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧