TOP > ニュース 一覧

【エンタメ】那須川天心が『ヤングマガジン』で漫画化が決定、初回は巻頭カラー

2019/09/03(火)UP

「テッペン」に登場する筋肉バキバキの那須川天心©高橋伸輔/講談社ヤングマガジン

 9月9日(月)発売の青年マンガ誌『ヤングマガジン』(講談社)にて、那須川天心をモデルとしたマンガ『テッペン~那須川天心物語~』(作・高橋伸輔)が連載開始される。

 9月2日発売の同誌にて発表された。紹介ページには見開きで那須川の上半身が描かれ、”巻頭カラー!!”と銘打たれている。
 作者の高橋伸輔氏は、マンガ『湘南純愛組!』や『GTO』の作者・藤沢とおる氏を原作とした学生格闘マンガ『SHONANセブン』などで知られる。

 那須川もSNSで、高橋氏による自身の全身イラストをアップし「高橋伸輔先生に描いて頂きました。ありがとうございます!!僕の物語、ぜひ読んでみてください」と投稿している。

 気になる内容は、同作の担当編集者に取材すると「那須川選手の幼少期からはじまり、お父さんとお二人の物語を描いた、取材に基づいたフィクション。那須川選手も最初から強いわけでなく、いかにして格闘技の魅力に目覚め”覚醒”していくのか」が描かれている。

「誰しも普通の少年であり、皆にもチャンスがある。決して特別なことではなく、お父さんの思いや那須川選手の覚悟が積み重なって、神童と呼ばれていくようになった」過程を描く。

漫画好きの天心、試合でも刃牙に登場するトリケラトプス拳を出す

 マンガ自体はフィクションであり、作者である高橋氏のイメージで描かれる。相手の選手などは架空のキャラクターを登場させるとしている。

 なお連載期間などは決まっていないが、最低でも単行本1、2巻以上のものは予定しているとのこと。

 担当編集者は「那須川選手がどうしてこんなに強く、身体能力もずばぬけたものを持っているのか、ファンにとって知りたいことが満載」というこの連載、見逃すわけにはいかない。

●編集部オススメ

・【RIZIN】バキの作者・板垣氏「那須川天心が負けるところも見たい」

・【RISE】那須川天心「ドラゴンボールからインスピレーションを受けた」

・那須川天心と野辺広大がトリケラトプス拳を披露

・那須川天心、ドラゴンボールの「セル」のような形態変化を

・那須川天心が堀口恭司に勝つ、緊張感ある戦いに「まるで獣のようでした」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧