TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT×REBELS】仲山大雅、相手が石川直樹に変更もKO勝利に自信

2019/09/27(金)UP

仲山が昨年10月以来のKNOCK OUTに登場

 10月4日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『KNOCK OUT×REBELS』に出場するWBCムエタイ日本統一フライ級王者・仲山大雅(20=RIOT GYM)のインタビューが主催者を通じ届いた。

 仲山は今年6月にNJKF軽量級エースの一角・松谷桐を衝撃の1RKOで下しWBCムエタイ日本統一フライ級王座を獲得。連続出場となった7月には新日本キックのリングで泰史に勝利し、2連勝と波に乗る。KNOCK OUTへは昨年10月の石井一成戦以来の出場。石井戦では3Rに縦ヒジを受けTKO負けを喫しているため、KNOCK OUTのリングでは再起戦となる。

 当初はREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者の老沼隆斗(21=STRUGGLE)と対戦する予定だったが、老沼が9月の試合でKO負けを喫したため、45日間のダメージサスペンド期間規定により出場停止が決定。急遽ジャパンキックボクシング協会(JKA)フライ級王者の石川直樹(33=治政館ジム)との対戦に変更された。

対戦相手が急遽ジャパンキック王者の石川に変更となるも「特に問題はない」と自信の仲山

 この変更に際して仲山は「びっくりした」とは言いつつも、「相手が変わっても特に問題はありません」と、やることは変わらないとばかりに自信を見せる。首相撲からのヒザを最大の武器とする石川攻略には「今までに対戦した山田航暉選手、藤原あらし選手がそういうタイプ」とすでに”経験済み”と認識。ジムの先輩である優吏(RIOT)と「徹底した首相撲対策」を講じていることを明かした。

 試合のイメージは「攻撃が偏らないように」とバランスよく戦いたいという仲山。石川の首相撲の展開になっても「特に問題ない」と特訓の成果に手ごたえを感じつつ、「首相撲の展開でもKOできる」と全局面での勝利がイメージできているようだ。

 今回約1年ぶりの参戦となるKNOCK OUT。「旧KNOCK OUTでの最後の試合(前述の石井戦)がちょうど1年前で、悔しい終わり方だったので負けたままでは終われません」と”KNOCK OUTのリングに”リベンジする構えを見せる。(TKOとなった肘打ちで)負傷した鼻が赤いアザになってしまったという仲山は、ジムでの指導の際に小学生から「トナカイ」と呼ばれてしまうたびに「笑って流してますが、やはり悔しいですね」と石井戦を思い出すという。

仲山は昨年10月に敗戦した石井一成(右)へのリベンジに向け「沖縄から本土の選手をどんどん倒す」

 将来的には石井へのリベンジを果たしたいという仲山。一度SNS上で再戦をアピールしたというが、色よい返事はもらえなかったという。「(石井にとって)まだ僕とやることにメリットがない」ととらえた仲山は、WBC日本とRKA(琉球かきだみし協会)のベルトも保持したまま「沖縄から本土の選手をどんどん倒して2つのベルトの価値を高める」ことで、石井戦の機運を高めていく構えだ。

 石井へのリベンジマッチ実現への第一章となる今回の試合を控え、仲山は「どんな展開になってもKOを狙って盛り上げていくので、応援よろしくお願いします」とファンへ快勝を誓いインタビューを締めくくった。

☆10.4 KNOCKOUT×REBELS 全試合順・対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・1Rから打ち合うも石井の縦ヒジに仲山大雅が散る=2018年10月

・ぱんちゃん璃奈が5戦目の原点回帰宣言「冒険した試合を」=公開練習

・雅駿介「梅野さんが認める相手と戦える位置まで来た」

・人気グラドル大貫彩香、キックでシェイプすると観るのも楽しくなる

・【RISE】佐藤レイナ、寺山日葵と約4年ぶりの対戦。Jr時代全敗も「自分の方がプロ向き、勝率は上がっている」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧