TOP > ニュース 一覧

【ONE】青木真也と対戦するバナリオ「彼の試合を台無しにする」

2019/10/08(火)UP

強烈な打撃が持ち味のバナリオ

 10月13日(日)東京・両国国技館で行われる「ONE:Century」のセミファイナルに出場するホノリオ・バナリオ(フィリピン/チーム・ラカイ)。バナリオは青木真也(36=イヴォルブMMA)と対戦する。

 バナリオは貧困家庭で育ち、奨学金を得るために励んだウーシュー(武術太極拳)をバックボーンとする。卒業後名門ジムのチーム・ラカイに誘われ、総合格闘家としての道を歩み始めた。
 2010年にフィリピンの総合格闘技(MMA)イベント「URCC」でデビューすると、強烈な打撃を武器に6連勝し王座に輝く。
 
 2012年からはONEを主戦場とし、2013年2月にエリック・ケリーを破り初代ONE FC世界フェザー級王座を獲得。しかし同年5月の初防衛戦で大石幸史(パンクラスism)と対戦。1Rにホノリオのパンチの連打TKO勝ち寸前だったがゴング 、2Rに大石の右ストレートで逆転KO負けを喫した。

 パワー、技術はあるものの穴があり、その後4連敗を喫するも、その後には5連勝。しかし直近4試合は1勝3敗と負け越し。現在2連敗を喫する中、青木との一戦に再起をかける。

腕十字を極めにかかる青木

 対する青木は「跳関(とびかん)十段」と異名を取る、最高峰の寝技師。2013年4月に第2代ONE世界ライト級王座に就くと2度の王座防衛に成功したが、2016年11月の3度目の防衛戦でエドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)に敗れ王座陥落。

 今年3月のONE日本大会でフォラヤンを1R一本勝ちで下し王座を奪還したが、5月にクリスチャン・リーにTKO負けを喫し再度王座陥落。今回が5カ月ぶりのONE再起戦となる。

 バナリオは青木について「ミスは許されない。彼はあっという間に試合を終わらせることで知られているからね」と1Rでのフィニッシュ率が高い青木を警戒する。

 青木の真骨頂は寝技だが、バナリオは「彼は打撃を磨いてきているんじゃないかと思う。前回の試合で、クリスチャン・リー(シンガポール)を相手に立ち技で接近戦を仕掛けていたから」と打撃への油断も怠らない。

青木のホームで勝ち星を挙げられるか

 青木の弱点については「青木はグラウンドでの戦いぶりから伝説的存在と言われいてる。でも自分は立ち技の試合が強い。自然とお互いの強みで勝負することになるのではないか」と打撃対寝技の試合になるだろうと予測する。

 一方、バナリオはチョークなどで一本負けすることが多く、グラウンドでの弱点も指摘されているが「いつだって批判する要素はあるものだし、もっとうまくなって改善したところを見せたいと思っている」と意に介さない。彼が所属するフィリピンのチームラカイは対戦相手のことを徹底的に映像で研究し対策を練る。彼の自信はここからも来ているかもしれない。

 最後に「彼の試合を台無しにすることができれば、ショックを受ける人は多いだろう。青木は総合格闘技で最も偉大な選手の一人だ。だから彼からフィニッシュをもぎ取れるとすれば信じられないような成果と言える。ファンの人たちにはよく見ていてもらわないとね」と、13日には尊敬する青木を倒すと意気込んだ。

選手データ
・ホノリオ・バナリオ
1989年9月25日 フィリピン出身(30歳) チーム・ラカイ所属
身長:177cm 体重:77,1kg 構え:右
戦績:14勝(5KO5S)9敗
タイトル:初代ONE FC世界フェザー級王者、第4代URCCライト級王者

・青木真也
1983年5月9日 静岡県出身(36歳) イヴォルブMMA所属
身長:180cm 体重:70kg 構え:左
戦績:43勝(4KO27S)9敗
タイトル:第2代・第4代ONE世界ライト級王者、第2代DREAMライト級王者、第8代修斗世界ウェルター級王者

☆10.13 ONE両国大会(第1部)のイベント情報はこちら

☆10.13 ONE両国大会(第2部)のイベント情報はこちら

●編集部オススメ

・10月両国大会の全試合が決定、青木真也、V.V Mei、若松佑弥らが出場

・青木真也が肩固めで王座奪回、ONE初の日本大会は劇的幕切れに

・青木真也、クリスチャン・リーにパンチでTKO負けし王座陥落

・那須川天心、10.13両国大会の生中継に出演決定「飛び込んで掻き回したい」(動画あり)

・平田樹、”ONEのアイドル”リカ・イシゲに「打撃でKOし、印象を残す」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧