TOP > ニュース 一覧

【K-1】武居由樹、ラジャ&ルンピニーのランカーに「カウンターで倒したい」=12.28名古屋

2019/10/22(火)UP

対戦する武居とスリヤンレック (C)M-1 Sports Media

 12月28日(土)名古屋・ドルフィンズアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN』の公開記者会見が10月21日(月)名古屋市内で行われた。

 今大会では、現K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者の武居由樹(22=POWER OF DREAM)が「スーパーファイト/ K-1 -56kg契約/3分3R・延長1R」で、スリヤンレック・オーボートー.ガムピー(23=タイ)と対戦する。

 武居は現在K-1スーパー・バンタム級で敵なしの存在で、前回は6月の世界最強決定トーナメントで全試合KO勝利で優勝。サウスポーから繰り出される重いパンチや絶妙なタイミングのハイキックを武器にK-1の軽量級を代表する選手に輝いている。特に注目すべきは、魔裟斗も絶賛していた独特なステップだ。武居は昨年12月にムエタイの強豪・ヨーブアデーンに接戦を強いられているだけに、ムエタイファイターとの対戦となったこの1戦は負けられない。

 前回のムエタイファイターとの対戦ではタイのムエタイを甘く見ていたところがあったと振り返った上で、「調子に乗らず地に足つけてしっかりKOで勝って、MVP(年間でK-1が表彰しているK-1 AWARDS)に選ばれる様に頑張りたいです。一発も貰わずに自分が当てて、6月のトーナメントよりインパクトを残す試合をしたいです」と6月トーナメントの全試合KOより、インパクトを残すと誓った。

圧倒的実力を見せつけて玖村(左)を撃破した武居(右)

 今回の相手スリヤンレックはムエタイの殿堂のラジャダムナン、ルンピニースタジアムのランカー。ヒジや首相撲を得意とする選手がムエタイでは多いが、打ち合いで一歩も引かないアグレッシブなファイトスタイルが武器でK-1ルールへの適用力にも期待がかかる。23歳にして戦績は100戦を超える。

 武居は相手の印象を「スリヤンレック選手は、去年戦ったヨーブアデーン選手よりK-1向きなのかなと思います。パンチが強くてパワーもあって、6月のトーナメントのメンバーより強いです。今回しっかり倒して、年末ですし来年を良く迎えたいと思います」と警戒した上で、KO宣言。

 常に倒すということを意識している武居だけに、今回も「スピード、テクニックを使って倒したいですね」とKOを目指す。「本当に圧力の強い選手なのでカウンターを取って倒したいと思います」と相手のパンチを良く見て攻撃を当て込んでいきたいところだ。

 スリヤンレックは会見に出席出来なかったため「私はムエタイの中でもパンチを得意にしていて、K-1ルールで戦うことが楽しみだ。K-1チャンピオンの武居に勝つ姿を見せたい」とのコメントが届いていた。

♢選手データ

武居由樹 POWER OF DREAM所属
1996712日生 22歳 東京都足立区出身 
・身長 170cm 階級 スーパー・バンタム級 55kg
・構え サウスポー
・戦績 2321(16KO)20

<主なタイトル歴>
2K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者
初代K-1KRUSH FIGHTバンタム級王者

スリヤンレック・オーボートー.ガムピー
1996年8月23日生 23歳 タイ出身
・身長 160cm ・階級 フェザー級 57.5kg
・構え 右
・戦績 170148(21KO)202

<主なタイトル歴>
ラジャダムナンスタジアム・スーパー・バンタム級4
ルンピニースタジアム・スーパー・バンタム級4
ワンソンチャイ・フェザー級王者

 

●編集部オススメ

・12.28名古屋大会に武居由樹が出場直訴「1年を締める大会を盛り上げたい」

・大和哲也vs不可思が決定「哲也さんの壁を超える」(不可思)=12.28名古屋

・武居由樹が衝撃の3連続KO勝利でスーパー・バンタム級トーナメント優勝(動画あり)

・12.28 初の女子T開催決定、KANA「初代のベルトを自分が巻く」

・12.28 壽美が真優とリザーブファイト、優勝夢見て「奇跡を起こす」=初代女子王座T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧