TOP > ニュース 一覧

【K-1】年内休業発表していた皇治が急遽参戦、相手は”パンクラスの悪童”川原誠也

2019/10/31(木)UP

皇治が緊急参戦、初参戦の川原誠也を迎える

 11月24日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~』の公開イベントが10月31日(木)県内にて行われ、緊急対戦カードが発表された。

 皇治(TEAM ONE)が参戦、総合格闘技団体「パンクラス」で”悪童”として鳴らした川原誠也(パンクラスイズム横浜)と対戦する。61kg契約の一戦(3分3R延長1R)で、川原はK-1グループ初参戦。両者が会見に出席した。

 川原は極真空手仕込みの強烈な打撃を得意とし、荒っぽいファイトスタイルとその風貌から“パンクラスの悪童”の異名が付けられた。

皇治が登場すると会場がどよめいた

 王座獲得が期待されたが、2度のタイトルマッチではいずれも敗れて王座には届かず。2012年には相手をKOしながらもレフェリーの制止を聞かず、攻撃を続けたため試合不成立に。これが最後の試合となり、25歳の若さで引退した。ルールは違うが、今回は7年8ヶ月ぶりの試合となる。

 皇治は今年8月の大阪大会での大岩龍矢戦後の会見で、年内休業を宣言していたが「K-1が(出てくれと)やかましい、ファンが盛り上がるんだったらと」参戦を決意。また「他団体との異種格闘戦、今までになく気合も入っている」とモチベーションは高い様子だ。

容赦なくパウンドを落とす川原

 ”悪童”キャラの川原だが、意外にも「(皇治が)武尊選手と戦う時も応援していた、男だな」とリスペクトしていたと発言。さらに「(皇治は)誰もがうらやむ選手。テレビとか出て、ファンもいっぱいいて、勝って全部食っちゃおうかな」と”皇治と戦いたくなった”からK1と契約したとコメント。

 継続参戦については「考えていない。別に今更有名になりたいとかではなく、ただ相手が皇治選手で最高だなと思って」と語った。
 ブランクの期間については「ずっと練習していた」とのことだ。

 皇治は「リスクを背負って、俺から全てを奪おうとする姿勢は男としていいなと思いますけど。でも俺からすれば”どちらさまですか”って話なんで。総合で名前売って、何してたかよう知らんけど、K1ルールでやるんで格の違いを見せてやろうと思っています」とマイペースに返す。

一見なごやかだがぴりぴりしたやり取り

 また「(川原が)タックルで来るんかな、とタックル切る練習しとったんですけど、川ちゃんいいかんじなんで盛り上がるんちゃいますか」と、元”悪童”の意外な落ち着きっぷりに少々肩透かしのようだ。

 試合展開について川原は「皇治選手に判定で勝とうなんてさらさら思ってないんで。皆それでやられてますし、そういうことです」とフィニッシュで勝利すると言う。

 皇治が「(周りが)やかましいね、いい加減に倒せと。わかった、川ちゃん倒れてね」と笑顔で挑発すると、川原は「そこを耐えて、返します、頑張りたいんで」と返した。

 さらに皇治は「この場を借りて言いたいことがある」と前置きすると「3年前くらいから、他団体とやりたいと言ってきた。K-1は大好きだし感謝している。(K-1の)契約選手として(他団体との試合が)可能じゃないなら、俺はこの試合でK-1をやめて、リスクを背負ってでも新しい世界で勝負したい。違約金を払って、解約して、その後でK-1に戻ってきて引退試合をしたい。それくらいマジで格闘技界を盛り上げたいと思っている。K-1は1番愛してるんでOKしてくれたら嬉しいです」と以前から言っていた他団体との交流を中村プロデューサーに頼む形で熱烈アピールした。

●編集部オススメ

・皇治が年内休業を発表「他団体、武尊に喧嘩を売るため強くなる」

・“悪童”川原誠也が25歳の若さで引退

・メインを飾った皇治、他団体への挑戦見据え「チャンスをください」

・皇治が延長突入の激戦の末、大岩龍矢を下して地元大阪大会のメインを締める

・KO勝利後に追撃し失格となった川原の試合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧