TOP > ニュース 一覧

【BOM】WMCタイトルに挑むムエタイOP王者・雅駿介「年内最後の試合、楽しむ」

2019/11/06(水)UP

WMC王者・伊東が雅を挑戦者に迎える

 12月8日(日)竹芝・ニューピアホールにて開催される「BOM SEASON II Vol.5」の対戦カードが発表された。

 WMC日本ライト級タイトルマッチが決定。王者・伊東伴恭(35=LAILAPS東京北星ジム)が挑戦者・雅 駿介(25=PHOENIX)を迎え撃つ。

 伊藤は白蓮会館世界大会ベスト16の実績を誇る空手をバックボーンに、2014年にプロ5戦無敗のままJ-NETWORK新人王、2016年にはFOK初代ウェルター級王者を獲得。昨年12月にはWMC日本ライト級王座決定戦でDAIJUを5RTKOで下し王座を獲得。今回が初防衛戦となる。

雅(左)は日本ムエタイ二冠を保持、三冠目のWMC王座に手を伸ばす

 対する雅はムエタイオープン、スック・ワンキントーンの国内ムエタイ二冠王者。日本ムエタイ界の至宝・梅野源治と同門で日々鍛え、”帝王の後継者”とも称される。今年4月に藤野伸哉とのWMC日本ライト級王座次期挑戦者決定戦を制し挑戦権を獲得。いよいよ満を持して三本目のベルトに挑む。このタイトル戦決定に、自身のSNSでは「年内ラスト、楽しんじゃう」と試合を心待ちにしている様子だ。

 もう一戦WMC日本タイトルマッチが決定。フェザー級王者・ 佐野貴信(24=創心會)に松本龍斗(19=京都野口ジム)が挑む。

王者・佐野と挑戦者・松本の二度目の対戦、初戦は松本の1RTKO勝ち

 佐野は2014年7月にデビュー。RISEを主戦場に戦う中、ヒジ有り首相撲無制限ルールへも参戦。今年4月のBOM初参戦でWMC王座決定戦に臨み、当時無敗の川原龍弥からダウンを奪いタイトルを獲得した。

 対する松本はムエタイスーパーファイトなど、ムエタイルールの大会を主戦場とするファイター。今年9月に殿を下しNJKFフェザー級王座を獲得。佐野とは今年7月にBOMのリングで対戦しており、わずか1Rで松本がヒジによるカットで勝利。前回はノンタイトル戦だったが、今回はタイトルをかけた再戦となる。

<決定対戦カード>
▼WMC日本ライト級タイトルマッチ3分5ラウンド
伊東伴恭(LAILAPS東京北星ジム)
vs
雅 駿介(PHOENIX)

▼WMC日本フェザー級タイトルマッチ3分5ラウンド
佐野貴信(創心會)
vs
松本龍斗(京都野口ジム)

☆12.8 BOM 対戦カード・試合順、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・梅野源治vsシラーの元ラジャ王者同士の対戦が決定

・”天才ムエタイ少女”伊藤紗弥がラジャ王者・竜哉の姉、奥脇奈々と対戦

・【ボクシング】ドネアが華麗なハイキック、井上尚弥と対戦に気持ちはブルース・リー!?

・オープンフィンガーグローブのムエタイ興行「TWO FC」旗揚げ、ラウンドガールに仮面女子が就任

・竜哉がラジャ王者を獲得後の初試合で勝利、名高はタイ王者を撃破

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧