TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】WBSS代表「井上は全階級で世界を一番震撼させたボクサー」決勝に期待

2019/11/06(水)UP

井上、ドネアの決勝に期待したザワーランド代表

 11月7日(木)さいたまスーパーアリーナにて開催されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝戦に向け記者会見と調印式が5日、都内にて行われた。

 会見にはWBSS代表を務めるプロモーター、カレ・ザワーランド氏も出席し、WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)と5階級王者でWBAスーパー世界バンタム級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)の対戦に期待を口にした。

「素晴らしいパンチャーであるノニト・ドネア選手。過去には様々な階級でのタイトルを奪取してきた選手がここに来ているということは、どのような試合になるか皆さんも想像に容易いと思います」と期待を込める。

フェイスオフする井上とドネア。中央にはザワーランド氏

 さらに井上について「彼がこの2年で階級関わらず世界をいちばん震撼させたボクサーではないかと私は思っています。ここ何試合かは、試合の短さでも皆さんを驚かせたと思います。それも、対戦してきた相手は全て強豪たちです」とコメント。「ロマチェンコ、カネロにも並ぶ、パウンド・フォー・パウンドだと思っております」と全階級の中での世界最強クラスだと評した。

「その脅威的な力を持った井上尚弥選手、そして階級を下げながらも、普通なら減量に苦しむボクサーが多い中で、この強さを見せているノニト・ドネア選手の試合には、本当に期待しかありません」と、このWBSSバンタム級出場に向け、フェザー級(57.15kg)からバンタム級(53.52kg)にまで落とし出場したノニト・ドネアに対し熱く語った。

 また、トーナメント形式ということで、最強の選手を集めて誰が勝ち上がるか分からない中での開催となったが「このファイナルには最強同士が集まったと思っております」と改めてアピールし、「この木曜日(7日)には、チャンピオン対チャンピオンの中で誰が本当に世界最強なのか、モハメド・アリ・トロフィーを手にするのは誰なのかを、楽しみにしていただきたいと思います」とファンに呼びかけた。

♢選手データ(バンタム級53.52kg)
・井上尚弥(26=大橋ジム)身長164.5cm、リーチ171cm(4日予備検診結果)
戦績:18勝(16KO)無敗
主なタイトル:現WBA・IBF世界バンタム級統一王者。世界3階級制覇王者
WBSS戦績=準々決勝=KO勝利 1R1分10秒 (元WBA世界同級スーパー王者 ファン・カルロス・パヤノ)、準決勝 KO勝利2R 1分19秒 (IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス)

・ノニト・ドネア(36=フィリピン)身長170.2cm、リーチ 174cm(4日予備検診結果)
戦績:40勝(26KO)5敗
主なタイトル:現WBA世界バンタム級スーパー王者。世界5階級制覇王者
WBSS戦績=準々決勝=TKO勝利 4R終了時 (WBA同級スーパー王者ライアン・バーネット)、準決勝 KO勝利6R 2分37秒 (WBAバンタム級5位ステフォン・ヤング※ゾラニ・テテ欠場によるリザーブ選手)

☆11.7 WBSS決勝 井上尚弥vsノニト・ドネア イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・井上尚弥vsドネアのチケット完売で当日券なし、テレビは生中継含む3社で放送

・11.7井上尚弥「試合まで2日、体調良く最大のパフォーマンス発揮できる」

・ドネアが華麗なハイキック、井上尚弥と対戦に気持ちはブルース・リー!?

・【WBSS 2回戦】井上尚弥が2Rに一転KO勝利、決勝で対戦のドネア「これが運命」

・【WBSS1回戦】まさに一撃、井上尚弥が右ストレートで秒殺KO勝利「手応えが拳に伝わってきた」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧