TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】元世界統一王者の田口良一が引退「井上尚弥戦あったから世界王者になれた」

2019/11/20(水)UP

元WBA&IBF世界ライトフライ級統一世界王者の田口良一が引退を発表

 元WBA&IBF世界ライトフライ級統一世界王者の田口良一(33=ワタナベ)が、20日、東京・水道橋の後楽園飯店で選手引退を発表した。田口は今年3月、田中恒成(24=畑中)の保持するWBO世界フライ級王者に挑んだが、判定負けで2階級制覇を逃していた。

 印象に残る試合を尋ねられた田口は「強いて一つ挙げるとすれば全部」と晴れやかな表情で話した。今を時めく井上尚弥(大橋)に日本王座を奪われた試練をバネにして、田口は2014年にWBA同級王者アルベルト・ロッセル(ペルー)から世界王座を奪取。昨年にはIBF同級王者ミラン・メリンド(フィリピン)との2団体統一戦にも勝利した。昨年5月、ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に敗れて王座から陥落。上述の田中に敗れてから進退を保留していた。

田中恒成に右フックをヒットさせる田口。しかしこの試合で判定で敗れ、これが最後の試合となった=19年3月


 引退の理由を田口は「以前のようにモチベーションを上げることができなくなった。ボクシング人生をやりきったなと思えたので、グローブを置くことにしました」と語った。

 長く田口を育ててきた所属ジムの渡辺均会長は、「日本王者になった頃、1階級下のミニマム級で世界戦の話があったので返上したらどうかと聞いたら、“井上尚弥選手の挑戦を受けたいんです”と言うのでその勇敢さを買った」と改めて教え子を称えた。
 田口は2013年4月に日本王座を獲得。その後、指名試合で井上尚弥との一戦の話があった。

バレラにアッパーで顎を上げその後連打でTKO勝利。WBAライトフライ級V6を達成した=17年7月

 世界ランキング入りを果たしていた田口にとって挑戦を受けず、日本王座を返上して世界戦へ向けて始動する選択肢もあったが、田口は逃げずにその挑戦を受けた。同年8月に井上と10Rを戦い抜き判定3-0で敗れ王座陥落したが、井上の連続KOを止めた。
「あの試合があったから世界チャンピオンになれた。以降の選手はいつも井上選手より強くないから大丈夫と思うことができた」と田口。今後はボクシングジムの経営を目指していくという。

 プロ戦績は27勝(12KO)4敗2分。引退式は12月10日の後楽園ホールで行われる。

●編集部オススメ

・田中恒成が判定で初防衛に成功、ボディを有効に効かせ田口良一に競り勝つ

・【ボクシング】田口、ボディを効かせTKO勝ちでV6「年末は田中君と勝負出来たら」

・【ボクシング】田口、僅差の判定負けで統一王座防衛ならず

・井上尚弥が米専門サイトの全階級最強ランク第1位、リング誌ほかの評価は?

・大みそかに田中恒成がV3かけ井岡一翔と同日にW世界戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧